毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.11.13

「早期発見すれば転移が防げる」は大ウソ

近藤 誠

「早期発見すれば転移が防げる」は大ウソ

 前回は、(1)小児がんである神経芽細胞腫は、乳児の場合、自然消失を原則とすること、(2)肝臓などへの転移病巣も自然消失すること、(3)自然消失する運命は、各がん細胞がうけついだ遺伝子の組み合わせが決めていることをお話ししました。

 ところで、がん細胞はどのように消えていくのでしょうか?

 それは、“アポトーシス”によると考えられています。

 アポトーシスは、“プログラムされた細胞死”と呼ばれ、おたまじゃくしがカエルになるとき尻尾がなくなることをイメージしていただければ理解しやすいかと思います。

 人間でも胎児のときは、指と指のあいだがつながっていて“水かき”のようになっており、まるでアヒルの足のような形をしています。この水かき部分の細胞がアポトーシスによって消失し、あかちゃんが誕生したときには5本の指に分かれているのです。

 アポトーシスの引き金になるのは、“カスパーゼ”という酵素です。それが活性化されると、種々の酵素がつぎつぎ活動を始めるという連鎖反応が起こり、細胞はバラバラに分解されます。

 乳児検診でみつかる神経芽細胞腫の場合には、一定時点でカスパーゼが活性化されるよう遺伝子がプログラムされているのでしょう。

 これに対し、症状をきっかけにして発見される神経芽細胞腫には、その種のプログラムが存在しないと思われます。こうした違いが生じる理由は不明です。

 胃がんや乳がんなど、成人のがんではどうでしょうか。3つの場合に分けて考えてみましょう。ひとつは、臓器に転移しているなど、がんのタチが悪いケースです。

 今日では、臓器転移があると抗がん剤で治療されてしまうので、がんの自然経過を知るには、転移がんも無治療が原則だった20世紀前半まで遡る必要があります。

 その時代は、自覚症状によって発見されるケースばかりで、たいてい臓器に転移していました。

 その頃の報告を集めてみると、自然に縮小・消失するケースは10万件につき1件程度だったとされています。そういう167ケースを分析した研究では、腎臓がん(31例)、皮膚の悪性黒色腫(19例)などが上位を占めていました。それらが縮小・消失したのもアポトーシスが生じたためでしょうが、なにがアポトーシスを引き起こしたかは不明です。

 2つめは、乳がんのシコリなど、自覚症状があったケースを検討しましょう。初発病巣の発見時には、臓器転移が明らかでないケースです。

 僕は慶應義塾大学病院時代から“がん放置療法”を提唱している関係で、それに賛同する患者さんがたくさん集まり、無治療の場合にどうなるかをこの目で確かめてきました。

 もちろん組織検査によって、“がん”であることが確認されています。

 自覚症状で発見されたケースは、放置すると、(1)増大するもの (2)不変 (3)縮小するもの に分かれました。そのどれになるか、事前に判定することはできません。ただし大きくなるケースも、ゆっくり増大します。

 よく患者さんが担当医に「放っておいたら半年、1年で死ぬ」などと言われていますが、それは明確にウソだと言えます。

 少数ですが、転移が生じてくるケースもあります。その場合、初発病巣も残っているので、大きさを比較することにより、転移がいつ生じたか推定することができます。

 すると、すべてのケースで、初発病巣が発見可能になったずっと以前、大きさにして1ミリ以下のときに転移していました。

 早期発見すれば転移が防げる、というのは幻想のようです。

 進行がんでも縮小・消失することがあります。進行性の胃がんで、縮小もしくは消失したケースや、腎臓がんの手術後、多数の肺転移が生じたけれども、様子をみているうちに消失したケースを実際にみてきました。20世紀前半には腎臓がんの縮小・消失が多かったことと符合します。

 

※第38回に続く。11月20日(日)公開予定です。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

近藤誠『がん治療の95%は間違い』
→書籍の購入はこちら(Amazon)
→試し読み・電子書籍はこちら

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!