毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.10.21

なんだか面白いので、まだ続けるよエッセイ24

毎週通ってくれた「生協のおにいさん」を、おばあちゃんは覚えていてくれるのか?

歌う旅人・香川 裕光

毎週通ってくれた「生協のおにいさん」を、おばあちゃんは覚えていてくれるのか?

自宅まで買ったものを配達してくれる、生協のお兄さん。
香川さんは20代の頃に、生協のお兄さんをしていたそうです。
自宅まで週1で訪れる「生協さん」は、町の顔だったのでしょうね――。
何年も経って、縁あって訪れた、かつての町の人は??

   *   *   *

エッセイ
生協のお兄さん

 実は僕は、生協のお兄さんの仕事をしていたことがある。
 そう、短髪のさわやかなお兄さんが、ポロシャツ着て配達トラックに乗り、音楽を流しながら奥様方のもとへ、食品や日用品を配ってまわるアレである。
 僕は20代前半の4年間をそうやって汗を流しながら過ごした。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
  • 山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 「日本3.0」時代を生き抜くための必読書
  • からだを若く保つ、整体の知恵
  • 10分以内で作れて、洗い物も少なめ、一皿で食べられるヘルシーレシピ集
神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!