毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2016.10.21

プロと一緒にお部屋の片付けしませんか?整理収納モニター募集

幻冬舎plus編集部

プロと一緒にお部屋の片付けしませんか?整理収納モニター募集

ただいま幻冬舎plusでは、連載「あなたを変える整理術」 で取材させていただけるお宅を募集しています。整理収納術のプロと一緒に、お宅の収納問題をすっきり解決してみませんか?

整理収納の様子は上記連載での公開と電子書籍への収録をさせていただきますが、その分格安の費用で、ライフスタイルやお宅に応じた整理収納をご体験いただけます。
 

掲載する連載・電子書籍

村上直子『あなたを変える整理術』 

「部屋がすぐに散らかってしまう」、「モノがどんどん増えてしまう」、そんな住まいのお悩みは誰しも持っているもの。それでもあなたが整理・収納できないのは、そのやり方があなたに合っていないからかもしれません。

その場しのぎではなく、整理したくなる気持ちを作る、あなたにぴったりな整理収納術をプロがアドバイス。お家の整理をすると、探しものをする時間が減り余裕をもって仕事に行ける。帰ったときにお家が整理されていると、心に余裕ができ頭も整理され、効率が上がる。そんな良いサイクルを作るための、整理収納レシピです。
 

整理収納アドバイザー/著者プロフィール

村上直子(むらかみなおこ)

銀行勤めの後、インテリア雑貨店に勤務。結婚後はインテリアの仕事から離れるが、自己流で家のインテリアを楽しむ毎日。

マンション暮らしを経て、2010年3月、築28年の木造住宅をほぼ全面リフォーム。

快適で心地よい空間づくりを実践しながら、整理収納アドバイザー1級の資格を取得。

雑誌でインテリアや収納&片付けのアイデアを紹介するほか、現在は個人宅の収納コンサルティングや個人宅の整理収納作業の仕事もこなす。骨格スタイルアドバイザーとして似合う洋服を診断しクローゼット整理を進める提案や、ルームスタイリストとしてインテリアのスタイリング提案も。

ブログ「kiki*blog」では、訪問した住宅の収納の様子や、自宅の参考例を紹介している。
 

ご応募の条件

・撮影・取材にご協力いただける方。整理収納実施箇所のビフォア、アフターの写真撮影と、モニター様や一緒にお住まいのご家族の方へのインタビューをさせていただきます。後日、幻冬舎plusでの公開や電子書籍への収録をさせていただきます ※お名前やお顔の掲載はありません

・東京都または神奈川県にお住まいの方
 

費用

・通常1回3時間¥24,000のところを、モニター価格¥19,000とさせていただきます。初回¥15,000のコンサルティングに加え、一人暮らしの方は3回くらい、家族でお住まいの方は6回くらいを目安に、村上さんが実際にお宅に訪問して整理・収納アドバイスをさせていただきます

・お家までの交通費と駐車場代の実費を別途ご負担をお願いいたします

・収納するための容れ物、小物、その他の資材などにかかる実費の全部または一部を幻冬舎が負担いたします

※事前に費用や進め方等のご確認をさせていただき、お互いに問題ないことを合意した上で進めさせていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください
 

お問い合わせ・応募方法

下記のメールアドレス宛に、必要事項をお送りくださいませ。
gplus@gentosha.co.jp

<必要事項>
・お名前
・住所
・電話番号
・メールアドレス
※「@gentosha.co.jp」ドメインからのメールが受け取れるよう事前に設定をお願いします
・年齢
・ご職業
・同居する家族の構成・年齢
・間取り
・広さ
・築年数
・お悩みの場所の内容と写真
 整理収納に困っている箇所の写真(現在の状態や場所全体の作りがわかるもの)と、どういった部分で悩んでいるか、どう改善したいかなどをお書きください
 

注意事項

・ご応募いただいた方の中から、企画内容などを鑑みて、モニターをお願いしたい方にのみご連絡させていただきます。全ての方にモニターをお願いはできませんので予めご了承ください

★がついた記事は無料会員限定

【お知らせ】

本連載では、取材させていただけるお宅を募集しています!
詳細・応募要項はこちら→ プロと一緒にお部屋の片付けしませんか?整理収納モニター募集

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!