毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.11.12

「数学・理科系」の暗記は「最初の1行」で決まる

林 尚弘

「数学・理科系」の暗記は「最初の1行」で決まる

根本的な暗記法を知らずに、やみくもに勉強するのは、穴の開いたバケツに水をどんどん注いでいるようなもの。
“授業をしない塾”という画期的な方針で、E判定から早慶・国立大学医学部などへの逆転合格者を続出させ話題の「武田塾」を運営している林尚弘さんによると、勉強は「暗記したかどうか」がすべてだといいます。
本連載では、林尚弘さんの著書『受験合格は暗記が10割』より、効率的かつ受験本番まで絶対に忘れない、正しい暗記法を紹介いたします。

「数学・理科系」の暗記は、「最初の1行」で決まる

「数学・理科系」は、暗記方法がわからずに、伸び悩む生徒が一番多い科目なのです。


 3番目は、「数学・理科系」参考書の暗記方法です。

「数学・理科系」で正しい解答へとたどり着くには、「最初の1行がとても重要」だということです。
 でもそれは、最初の1行だけ暗記すればいいということではありません。正しく解答の最初の1行を導き出すための暗記が重要なのです。

 もう少し、わかりやすく説明しましょう。
 たとえば、連立方程式で解く問題があったとします。
 これを「式を与えられたら解ける」のでは、まだ暗記は不十分です。
 問題を見ただけで、「これは連立方程式で解くんだな」という、方針がわかるようにならなければいけないのです。

 数学や理科の勉強で一番苦労するのは、ここです。
 参考書の解答を見ると「その解答が正しいのはわかる」、それなのに、「どうしたらその解答を思いつくのかがわからない」から、問題が解けないのです。
 しかし、逆に言えば、数学や理科は、最初の1行さえ書ければ、あとは自動的に解答までたどり着く問題がほとんどです。
 この、最大の壁を越えるためにも、やはり暗記が必要です。
 ただし、数学と理科も、「文法系」参考書と同じように答えを丸暗記するだけではダメなのです。

 ここで「なんだか、どんどん難しくなってきた……」と尻込みしないでください。
 そう考えるのは、あなただけではありません。実は、「数学・理科系」は、暗記方法がわからずに、伸び悩む生徒が一番多い科目なのです。
 そのため、「もうダメだ!」と投げ出さないよう、できるところから段階を踏んで暗記するのがよいでしょう。

「数学・理科系」の代表的な参考書には、『数学I・A 基礎問題精講 四訂版』(旺文社)、『1対1対応の演習 数学Ⅲ 微積分編 新訂版』(東京出版)があり、たいていは次のようなつくりになっています。


 まずは問題だけを見て、答えをノートに書き出してみましょう。

 また、理科では『鎌田の理論化学の講義』(旺文社)のように、別冊に暗記事項がまとまっているものもあります。
 この場合は、覚えるべき部分は「単語系」参考書の暗記方法で、講義部分を読むのとは別作業として暗記をしてください。

 

★がついた記事は無料会員限定

 

林尚弘/竹村義宏『武田塾FC 成功への軌跡』


電子書籍はこちら

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
朝礼ざんまい詳細・購入ページへ(Amazon)
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!