お茶にして飲んだり、料理のアクセントに活用したりするハーブは、それぞれにさまざまな効能があります。薬に頼りたくないとき、また、病院に行くまでもない不調におすすめです。

『専門医が教える 体にやさしいハーブ生活』には、そんなハーブの効能がくわしく解説されています。試し読みとして、その一部を公開します。

 

* * *

  

 疲れた目・肌・からだに効き 穏やかな強壮作用がちょうどいい

 コーンフラワー

 

   どんなハーブ?
 ヨーロッパ南部原産の植物で、コーン畑の雑草だったのが名前の由来。とくにエジプトで古くから親しまれ、ツタンカーメンの墳墓からエンドウ豆と、この花が発見されました。

   どのように効く?
 くわしい成分や働きについてはわかっていませんが、穏やかな強壮効果があります。
 また、消炎作用もあり、冷ましたティーで目を洗えば、疲れて充血した目をクールにし、眼病を予防します。うがい剤やスキンウォーターとしても利用できます。

   どんな人に効く?
 そこはかとない疲れをいつもひきずっているように感じる人、コンタクトレンズを使っている人、OA機器などの使用で、日常的に目を酷使する人などに向きます。

   どんなときに効く?
 目が疲れたときや充血したときは、冷めたティーを小さなグラスに入れ、目にあてがって上を向き、2~3回まばたきをして目を洗います(コンタクトレンズははずしてください)。

  

 【プロフィール】

 ●種別:キク科の一年草

 ●学名:Centaurea cyanus

 ●和名:ヤグルマソウ

 ●有効成分:ビタミン群など

 ●利用できる部位:花

  

 <作用・適応>

 ●強壮・消化促進・利尿・抗炎症

 ●結膜炎・疲れ目・全身倦怠感・肩こり

 

  試し読みはここまでです。続きは『専門医が教える 体にやさしいハーブ生活』お読みください。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

 『専門医が教える 体にやさしいハーブ生活』

 疲れた心と体には、おしゃれでおいしいハーブがおすすめ。症状・体質から自分にあったハーブがひけるガイド集。医師が教えるブレンドティー&料理レシピも満載。暮らしに役立つハーブ活用法。