毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.11.03

完全主義の敏感な心をゆるめ 安眠と仲よくなれる オレンジフラワー

橋口 玲子

完全主義の敏感な心をゆるめ 安眠と仲よくなれる オレンジフラワー

  お茶にして飲んだり、料理のアクセントに活用したりするハーブは、それぞれにさまざまな効能があります。薬に頼りたくないとき、また、病院に行くまでもない不調におすすめです。

『専門医が教える 体にやさしいハーブ生活』には、そんなハーブの効能がくわしく解説されています。試し読みとして、その一部を公開します。

 

* * *

  

 完全主義の敏感な心をゆるめ 安眠と仲よくなれる

 オレンジフラワー

  

 どんなハーブ?
 オレンジフラワーはオレンジブロッサムとも呼ばれ、ビターオレンジの花をいいます。ティーによると誰もが好むフローラルでフルーティーな香り。中国では「洛神(らくしん)」と呼ばれ、糖尿病患者用のお茶に配合されます。高級精油・ネロリの原料としても知られます。

   どのように効く?
 オレンジフラワーのティーを口にふくんでゆっくり味わうと、まもなくイライラのもとが溶けて流れていくような気分になります。
 その味の余韻を楽しみながら目を閉じると、今日のストレスや明日の不安がだんだんささいなことに思えてきます。

   どんなひとに効く?
 その日あったイヤなことや、明日の予定が気になって気持ちの切り替えがうまくできない人や、ストレスを感じると腹痛や下痢を起こす人に。

 どんなときに効く?
 深夜の帰宅で疲れ、すぐに寝つきたいとき。翌朝、早起きしなければならないとき。また、刺激的なテレビやビデオの画像が頭から離れないとき。

  

 【プロフィール】

 ●種別:ミカン科

 ●学名:Citrus aurantium

 ●有効成分:リナロール、ゲラニオール、フラボノイドなど

 ●利用できる部位:花

  

 <作用・適応>

 ●鎮静・健胃・強壮

 ●抑うつ・不眠・月経前緊張症・過敏症腸症候群

 

  次回は11月7日更新予定です。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

 『専門医が教える 体にやさしいハーブ生活』

 疲れた心と体には、おしゃれでおいしいハーブがおすすめ。症状・体質から自分にあったハーブがひけるガイド集。医師が教えるブレンドティー&料理レシピも満載。暮らしに役立つハーブ活用法。

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!