毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.10.24

弱った胃に効き、しかも美味 家庭のスーパー万能ハーブ ジャーマンカモミール

橋口 玲子

弱った胃に効き、しかも美味 家庭のスーパー万能ハーブ ジャーマンカモミール

 お茶にして飲んだり、料理のアクセントに活用したりするハーブは、それぞれにさまざまな効能があります。薬に頼りたくないとき、また、病院に行くまでもない不調におすすめです。

『専門医が教える 体にやさしいハーブ生活』には、そんなハーブの効能がくわしく解説されています。試し読みとして、その一部を公開します。

 

* * *

  

 弱った胃に効き、しかも美味 家庭のスーパー万能ハーブ

 ジャーマンカモミール

 

 どんなハーブ?
 ヒナギクに似た可憐な花はリンゴの香り。「お母さんのハーブ」「お医者さんの草」などと呼ばれ、薬効がひじょうに広く味もよいため、家庭常備ハーブの代表格として知られています。
 カモミールには数種ありますが、ハーブティーとして薬用になるのはジャーマンカモミール(キク科一年草)で、ローマンカモミール(キク科多年草)の精油にはリラックス効果がありますが、ハーブティーとしてはあまり用いられません。

  どのように効く?
 ジャーマンカモミールが「万能ハーブ」と呼ばれる理由は、健康を引き出す2つのルートによります。まず、ストレスや不安、怒りなどを落ち着かせる「精神鎮静ルート」です。脳の中の、内臓の働きをコントロールしている自律神経系の中枢と、喜怒哀楽、不安などの感情を支配する中枢は隣接しており、緊密なネットワークをつくっています。そのため、マイナスの感情が続くと自律神経もバランスをくずし、消化器系にダメージを与えます。ストレスが緩和されればダメージは減り、胃腸は元気になれるのです、もうひとつは「胃の粘膜に直接働くルート」です。主役はアズレン。消炎作用のある成分です。これが胃の粘膜を修復します。こうして健康の中心軸である消化機能が整うと、その他の内臓機能も正常な状態に向かって動きだしていきます。

  どんな人に効く?
 人と腹をわって話せない人、イヤなことをイヤといえない人、あるいは、ウマの合わない人と歩調を合わせなくてはならず、ストレスを感じている人に向きます。
 また、緊張による肩こりや頭痛を起こしやすい人、心配事があると眠れない人、あるいは疲れると口内炎ができやすい人にも有効です。

  どんなときに効く?
 人によってとくに体調をくずしやすい季節があるものです。その季節が訪れる1~3カ月前からカモミールティーを飲みはじめれば理想的ですが、症状がではじめてからでも効果はあります。

  

 【プロフィール】

 ●種別:キク科

 ●学名:Chamomilla recutita(ジャーマンカモミール)

 ●和名:カミツレ

 ●有効成分:アズレン誘導体、フラボノイド、タンニンなど

 ●利用できる部位:花

  

 <作用・適応>

 ●消炎・鎮痛・鎮静・鎮痙・発汗・保温・殺菌・抗菌・解熱・利尿・消化促進・嘔吐予防・健胃

 ●過敏性腸症候群・食欲不振・消化不良・胃炎・潰瘍・不眠・不安感・月経前症候群・月経不順・月経痛・更年期の諸症状・風邪・インフルエンザによる寒気や頭痛・子どもの癇・アレルギー・便秘・冷え性

 

 次回は27日更新予定です。

 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

 『専門医が教える 体にやさしいハーブ生活』

 疲れた心と体には、おしゃれでおいしいハーブがおすすめ。症状・体質から自分にあったハーブがひけるガイド集。医師が教えるブレンドティー&料理レシピも満載。暮らしに役立つハーブ活用法。

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!