合コンや親せきの集まりや同窓会で、いろんな人から「すごい!」と賞賛される仕事があります。一方、「たいしたことしてなくて……」と自らの仕事を蔑む人もいます。果たして仕事に貴賤はあるのでしょうか? 幸せの関係とともに考えます。

幸せな仕事人だと思ったAV男優の話

友人の紹介で、
先日、AV男優の方に会った。
高校を卒業した後、様々な職業を渡り歩いた後
AV男優になって13年だという。

ただの友人同士のご飯会で、
インタビューでもなんでもないのに、
私が彼の経歴に興味を持っていると知ると、
言葉をありったけ尽くして、
丁寧に自分の職歴を話してくれた。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

はあちゅう/藤沢数希『男と女がいつもすれ違う理由』
はあちゅう『かわいくおごられて気持ちよくおごる方法』
はあちゅう『わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか?』
はあちゅう/DJあおい『言葉で心をつかむ。 私たちが考えていること、続けていること。』