毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.10.11

第16回

カフェのメニューって決めてたっけ?!

中村 文

カフェのメニューって決めてたっけ?!

さあ、飲食店の営業許可もおりたし、「いよいよオープン!」と思ったのですが、決めたり用意したりしなければいけないことは、まだまだ山積みだったのです。

「カフェで出すメニューってHPに載せる?値段決めた?」と、デザイナーの友人に手伝ってもらいながらホームページなどのWeb周りの作業を進めていたtサンに聞かれ、「あ、後で渡すね(ヤバい、忘れてた!!)」となったり、コーヒーを提供するカップなどもまだこれで決定!とはなっておらず……。

何せカフェはおろか、接客業すらバイトレベルしか経験のない私、ひとりでギャラリー&カフェを切り盛りするのは大変だろうと思いつつ、いまひとつイメージがわかず、つい後回しにしてしまっていたのです。

レジシステムも、iPadで使えるPOSレジアプリを導入しようとは思っていて、「Airレジ」を選んだのですが、その決定理由は「近くの量販店に行けばレジスター&プリンタが買えたから」なのでした。

システム自体はiPadアプリなので、ダウンロードして登録すればすぐに使えます。ですが、お店なのでレシートを出すプリンタやお釣りを入れておくキャッシャーなども必要ですよね。レジシステムはいろいろありますが、それぞれのサービスに対応している機器は限られています。Web経由で注文すると届くのに大体1週間ほどかかるので、間に合わず候補から外したシステムもあり……ここでも余裕を持ったスケジュールの必要性を実感しました。

そうそう、メニューでした、メニューを決めないと! 決まっている基本コンセプトは「私の好きなものを出す!」だけ。これ美味しいですよって出したいですし、毎日続けて作っていくものですから好きなものが良いな、って思いまして。

まずは、コーヒー。コーヒーは昔から濃いめのタイプが好きで、良く飲みます。ギャラリーがメインなら、いっそコーヒーだけでも良いんじゃないか、なんて思ったりもしましたが、せっかくなので出来る範囲で増やしていくつもりです。あとはジュースと、tサンの強力な希望により何かアルコールを…というわけで瓶入りのビールを入れておきました。

コーヒー豆は、近く(徒歩1分くらい? 本当に近いので、いつ豆が切れても大丈夫?!)の自家焙煎の珈琲豆屋さん(ビーンズマートオイコスさん)から買わせていただくことにしました。もともとは、その時々に好きな豆を買って、それをお出ししようかと思っていたのですが、オイコスさんの豆で好きなブレンド(月ブレンド)が見つかったので、これを基本の一杯にしています。

食べ物は「スパムむすび」。ハワイで食べたスパムのおむすびが気に入って、家でもたびたび作っていたのですが、遊びに来た友人たちにも好評だったので、これならちょっと変わっているし、お店の名物にもなるかも、と思いました。いろいろ試作して、味はプレーン、チーズ、スパイシーの3種類。注文が入ってから作るので、出来立てアツアツです。

今はスパムむすびしかフードメニューが無いのですが、ランチなどメニューを増やすのが目下の課題です。あと、スイーツ! コーヒーと一緒に食べられる甘いものは必要ですよね。ちなみにコーヒーをご注文の方には、おまけの小さなオヤツが付きますが、もうちょっとしっかり甘いものがあると嬉しいですものね。おまけのオヤツ文化は、「コーヒーには豆菓子やあられが付く」というtサンの故郷、名古屋の伝統を真似てみました。

ひととおりメニューも決めて、近くの酒屋さんにビール、ジュース、それから氷を注文した開店2日前、友人家族が接客シミュレーションに協力してくれることになりました。家族4人で来店して、それぞれ好きに注文してもらいます。お客さまの応対、レジのやり方など試してみて、気になったところを言ってもらい修正していきます。

これは本当にやって良かったなと思ったのは、注文したあとに「やっぱり変える」って時のレジ操作や、お金を受け取るときは両手で、とか、基本的なことかもしれませんが、一度やってみないと分からないことが分かったことです。お会計を先にするという方式がスムースかなと思ったのも、シミュレーションをしてみてからです。

そして、いよいよオープン前日となります。あと1日で準備は間に合うのでしょうか? しかもその時、日本列島には台風13号が近づいていたのです!

 

導入したレジシステム「Airレジ」。レシートのプリンタとキャッシャーが一体になったタイプでとってもコンパクトなのが気に入ってます。

 

メニューはシンプルに、コーヒーとスパムむすびで。海に近いのでテイクアウトで持ち帰りもできるようにと紙コップでお出ししていたのですが……。

 

やっぱり欲しくなって、作ってしまいました、オリジナルマグカップ! 映画館イスもあるし、ゆっくりくつろいでいただくにはマグカップの方が合いますよね。

 

お客さまシミュレーションに付き合ってくれた友人一家。床が一段高くなっているせいか「靴のまま上がって良いの?」と聞かれましたが、これは他のお客さまにもたびたび聞かれます。土足でどうぞ、いらっしゃいませ!

 

At GALLERY N'CAFEのメニューはこちら。そうそう、手元で見られるメニューも作らないと、と思っていたのを思い出しました!

 

★がついた記事は無料会員限定

★☆★読者のみなさまへプレゼント★☆★

この連載を読んでご来店くださった方は、ぜひ「幻冬舎plusの連載読みました」とお伝えください。オープン記念にお配りしていたオリジナルステッカーをプレゼントいたします。

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!