母校。せつないような、懐かしいような、思い出したくないような、恥ずかしいような、そんな響きがします。
母校の体育館でライブをやってほしいと依頼があった香川さん。
今の自分を、10代の若い人たちはどんなふうに見て、なにを感じるんでしょうか?
自分自身の“あの頃”を思い出してしまう、今回のエッセイです。

*   *   *

エッセイ
旅人、母校へ帰る。


『キーンコーンカーンコーン……キーンコーンカーンコーン……』
 なんとも懐かしい音が響く。
 湿った木の匂い。薄汚れた高い天井。床と靴が擦れて響く音。先生の呼び声。体操服。ポニーテール……。
 学生時代の記憶に残っているイメージとなんら変わらない体育館のステージの上で、僕はギターを抱えてリハーサルをしていた。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定