今年の夏、NHK7時のニュースで放送された、「貧困女子高生」。
放送後、たちまちバッシングが始まり、そのあと、政治家も絡んだ大きな騒動になったのを覚えているでしょうか?
彼女は貧困なのか? 否か? それよりなにより、彼女はなぜ、バッシングを受けねばならなかったのか?
他人を非難してばかりいる人たち  バッシング・いじめ・ネット私刑の著者・精神科医の岩波明氏による、人気連載! 今回のテーマはこちら。

*   *   *

 この事件の経緯については、十分にご存じない方もいると思うし、あるいはすでに過去のこととして忘れられているかもしれないので、初めに話の流れの概略を示したい。
 事の始まりは、NHKが本年8月18日の「ニュース7」において、神奈川県の設置した「かながわ子どもの貧困対策会議」のイベントで県立高校3年の女生徒が意見を述べるシーンや、プライベートな生活の様子などを放送したことである。
 匿名であったが、画面上で素顔が放映されたこの女生徒「うらら」さんは、経済的な理由から専門学校進学をあきらめたと言って、自らの「貧困」状態にある境遇を訴えた。
 番組では、母と2人暮らしのアパートに冷房がないことや、パソコンの授業を受けるために、母に“中古”の“キーボードだけ”を買ってもらって練習したというエピソードを紹介した。彼女の自室を映した映像には、本人のデスクと、その周囲にあるさまざまなアニメ関係のグッズやイラスト用ペンなどが映っていた。
 この放送のあと、まず起こったことは、「うらら」さんの「生活ぶり」に対する強烈なバッシングだった。ネットでは、「貧困」と主張するにもかかわらず「2万円のイラストペンを所有」「部屋にアニメグッズがたくさんある」という情報が流された。
 さらに彼女のツイッターが特定され、「1000円以上のランチを食べた」「高価な音楽コンサートに何度も行っている」として、「“貧困”というのはNHKのねつ造」とする声があい次いだ。さらに、彼女の本名や自宅や学校までも、ネット上で明らかにされた。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plus 4周年キャンペーン中。豪華賞品が総計100名様に当たる
幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

岩波明『他人を非難してばかりいる人たち』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)