10月7日(金)に創刊された書き下ろしミステリー電子書籍レーベル“幻冬舎plus+ミステリー”。そこで発売された7作品のプロローグを、毎日1作品ずつ無料公開いたします。2日目は抜群なストリーテリング+嫌ミス=傑作サスペンス。天才・浦賀和宏氏が仕掛けた罠にクラクラする!
 

書籍紹介

浦賀和宏『メタモルフォーゼの女 スミレ色の手紙』
通常価格200円(税別)期間限定価格100円(税別)
→電子書籍のご購入はこちら(Amazon)

少しでも虫が好かない相手に、私は嫌がらせの言葉を記した『スミレ色の手紙』を送る。深い恨みはあるわけではない。うるさい親戚。学生時代の同級生。勤めていた頃の同僚。嫌みな上司。先日は態度が悪かったコンビニの店員への手紙を注意深く作っている。

この手紙が大きな災禍となったのは、私の手紙を契機に隣の部屋に住む女が自殺したことからだった。その死に私は責任がない。そう考えていた、あの女が登場するまでは……。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

浦賀和宏『メタモルフォーゼの女 スミレ色の手紙』
→電子書籍のご購入はこちら(Amazon)

→“幻冬舎plus+”全作品リストはこちら