毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.10.08

書き下ろしミステリー冒頭を公開!

浦賀和宏『メタモルフォーゼの女 スミレ色の手紙』

浦賀和宏『メタモルフォーゼの女 スミレ色の手紙』

10月7日(金)に創刊された書き下ろしミステリー電子書籍レーベル“幻冬舎plus+ミステリー”。そこで発売された7作品のプロローグを、毎日1作品ずつ無料公開いたします。2日目は抜群なストリーテリング+嫌ミス=傑作サスペンス。天才・浦賀和宏氏が仕掛けた罠にクラクラする!
 

書籍紹介

浦賀和宏『メタモルフォーゼの女 スミレ色の手紙』
通常価格200円(税別)期間限定価格100円(税別)
→電子書籍のご購入はこちら(Amazon)

少しでも虫が好かない相手に、私は嫌がらせの言葉を記した『スミレ色の手紙』を送る。深い恨みはあるわけではない。うるさい親戚。学生時代の同級生。勤めていた頃の同僚。嫌みな上司。先日は態度が悪かったコンビニの店員への手紙を注意深く作っている。

この手紙が大きな災禍となったのは、私の手紙を契機に隣の部屋に住む女が自殺したことからだった。その死に私は責任がない。そう考えていた、あの女が登場するまでは……。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

浦賀和宏『メタモルフォーゼの女 スミレ色の手紙』
→電子書籍のご購入はこちら(Amazon)

→“幻冬舎plus+”全作品リストはこちら

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 相手の力を利用すれば、実力以上の仕事ができる。
  • 専門知識不要、伸び続ける投資法のしくみがわかる
  • 神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
  • 山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
相手の力を利用すれば、実力以上の仕事ができる。
専門知識不要、伸び続ける投資法のしくみがわかる
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!