毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.10.07

書き下ろしミステリー冒頭を公開!

麻生幾『クリスマスツリー 捜査1課最強の敵』

麻生幾『クリスマスツリー 捜査1課最強の敵』

10月7日(金)に創刊された書き下ろしミステリー電子書籍レーベル“幻冬舎plus+ミステリー”。そこで発売された7作品のプロローグを、毎日1作品ずつ無料公開いたします。1日目は極秘&徹底取材で知られる著者・麻生幾氏が初めて捜査1課を描いた警察小説!
 

書籍紹介

麻生幾『クリスマスツリー 捜査1課最強の敵』
通常価格200円(税別)期間限定価格100円(税別)
※上記は希望小売価格です。書店によって価格が異なる場合があります
→電子書籍のご購入はこちら(Amazon)

警視庁幹部職員であれば、誰もが晴れがましい気持ちで迎える退職記念式典。だが長年、捜査1課で凶悪犯を追い続けた男――昨日まで警視庁本部捜査第1課のナンバー2だった星正一の胸は晴れなかった。それは男の唯一の屈辱ともいえる未解決事件のせいだった。十五年前に起きたその事件では容疑者すら浮かばなかった。完全犯罪など認めてこなかった最強の警視庁捜査1課――その信念さえ揺らぐ事件だった。しかし、三週間前、事件解決につながるかも知れない端緒を摑んだ星は、迫り来る退職日を前に、激しい焦りを覚えていた。犯人に迫れるか。だがその時間は余りに短く……。圧倒的情報の量と質でエンターテインメントを描き続ける著者が初めて警視庁捜査1課をミステリーで描く、決定的警察小説!

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

麻生幾『クリスマスツリー 捜査1課最強の敵』
→電子書籍のご購入はこちら(Amazon)

→“幻冬舎plus+”全作品リストはこちら

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
春の幻冬舎plus感謝祭
結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!