毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2016.10.07

『すべてを喜びとする。駆け込み寺庵主の「引き寄せ」問答』発売記念痛快問答「仕事編2」

「職場にイヤな人間がいます」→相手との関わり方を変えてみる

戸澤 宗充

「職場にイヤな人間がいます」→相手との関わり方を変えてみる

伊豆天城山で女たちの駆け込み寺「サンガ天城」を運営し、たくさんの悩める女性を救ってきた尼僧・戸澤宗充さん。新刊『すべてを喜びとする。駆け込み寺庵主の「引き寄せ」問答』より、頑張ってるあなたの小さなモヤモヤをすっきり解消する問答をお届けします。


「仕事がうまくいきません」→ 明るく考えるクセをつける

「仕事がうまくいかない」と悩んでいるあなたは、立派ですよ。だって、自分をちゃんと省みているということでしょう。それに比べて、反省できない人間の、いかに多いことか! そんながんばり屋のあなたにアドバイスするとしたら「明るく考えるクセをつけましょう」ということ。失敗したことばかりに目を向けていたら、気分が落ち込むし、自分はダメな人間だと思い込んでしまいます。「なんでうまくいかないのかなぁ」って、うじうじ悩むんじゃなくて「こうやると失敗するんだから、次は違う方法を試してみよう」って、明るく考えるの。そして、いつも笑顔! そうすれば、けっこう何事もうまくいくものですよ。

 

「職場にイヤな人間がいます」→ 相手との関わり方を変えてみる

後で詳しくお話ししますけど、実は私も一度、上司のことが大嫌いで仕事を辞めたことがあります。ですから、「ガマンしなさい!」とは言えないけれど、どこに行っても、結局イヤな人間はいるというのも事実なんですよね。だから、一番手っ取り早いのは、相手との関わり方を変えてみるということ。嫌いな相手は、つい避けてしまうけれど、「大変だね」とか「ありがとう」と、心になくても言ってみるのです。「そんな、思ってもいないことを口に出せない」と思うかもしれないけれど、心になくても、いいんです。こういうときだけ素直になろうとするのは、ワガママですよ。

 

「とにかく忙しい」→ 目に見えない存在が評価してくれる

やることが多すぎて、とにかく忙しい毎日を過ごしていると、心がすり減ってしまうこともありますよね。でも、その後に喜びが来るんじゃないですか? 私は、どんなに忙しくても、講演依頼なんかを簡単に引き受けちゃうんですけれど、やっぱりめちゃくちゃ忙しいから、断ればよかったなと半ば後悔しながら準備をするんです。だけど、相手に迷惑をかけないように一生懸命やりますでしょう。そうすると喜んでくださる方がいて「またいらしてください」と言っていただけるんですよね。そして、「あ~、やってよかったな」って思うんです。

でもね、最初から見返りを求めてはいけませんよ。駆け込み寺なんて、その最たるもの。「あんなに面倒をみてあげたのに、何これ」ということばかり。でも、駆け込む女性たちにとっては、それが普通の感覚になっているから、駆け込まざるを得なかったんだろうなと感じます。私が手を差し伸べなくても、必ず目に見えない存在が、その人をちゃんと評価して、それなりの人生を歩ませるものだと思います。
 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

戸澤宗充『すべてを喜びとする。 駆け込み寺庵主の「引き寄せ」問答』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!