毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.10.11

自然と勉強が続けられる、たった一つの方法

鬼頭 政人/佐藤 大和

自然と勉強が続けられる、たった一つの方法

 開成中学・高等学校から東京大学を卒業し、司法試験にも一発合格した弁護士の鬼頭政人さん。著書『結局、ひとりで勉強する人が合格する』(幻冬舎)でそのノウハウを惜しみなく公開し、話題となっています。

 今回の対談では同じく弁護士で、『ずるい暗記術――偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法』(ダイヤモンド社)を執筆した佐藤大和さんを迎え、一生役立つ勉強法や司法試験合格後の心構え、そして恋愛と受験についても語っていただきました。第1回は合格するのに必要な「欲求」との向き合い方。(構成:向山勇)

 

『結局、ひとりで勉強する人が合格する』を執筆した弁護士の鬼頭政人さん(左)と、『ずるい暗記術』を執筆した弁護士の佐藤大和さん
 

 鬼頭  佐藤先生の『ずるい暗記術』を拝読しました。僕の勉強法も同じですが、佐藤先生の勉強法もやはりアウトプット重視ですね。でも、ご自身は大学受験まで失敗を重ねてきたとおっしゃっています。それなのに、ロースクール(法科大学院)の入試直前でなぜこの勉強法を編み出せたのでしょうか。

 佐藤  僕はもともと金髪のヤンキーだったんですけど、いろんな経緯があって大学入試を目指しました。結局、二浪して大学に入学しましたが、法学部でもないのに「よし!弁護士になろう」と一念発起したんですね。

 とはいえ、大学にもギリギリ入ったレベルでしたから、勉強の仕方がわからないんです。何の準備もしないままに、気が付いたらロースクールの試験が間近に迫っていて。

 そんな中で編み出したのが今の勉強法なんです。「もう時間もないし、旧司法試験の問題と答えを全部暗記すればいいじゃん!」、と。「そうすれば、なんとかなるんじゃね?」という発想ですね。

 鬼頭  でも司法試験の答えを丸暗記するって、結構大変じゃないですか?

 佐藤  そうでもないですよ。それこそ鬼頭先生の言っている選択と集中です。どこが試験に出やすいのか、どこが出にくいのかは問題集に書いてあったので、それをベースにしました。あとは三段論法を基本的に押さえておけば大丈夫です。

 鬼頭  重要な部分にマーカーをひいて、それを暗記していく感じですか?

 佐藤  そうですね。答えのある勉強だったら重要な単語に線を引いていくんですけど、司法試験の場合は、やはり条文の趣旨や目的が骨格として大事になってくるので、そこに線を引いて覚えていく形です。

 ただ、どこが重要であるかを見極める力は必要です。鬼頭先生の本にも書かれていますが、たくさんの問題を解けば解くほど、問題解決能力が鍛えられていきます。意識せずに自然とそれを繰り返してきたから「あ、この論点が重要だ」というのがわかったんだと思います。

 これは数学でも一緒だと思います。ずっと例題文を見ていても解けませんよね。どれだけの問題数を解いたか、どれだけの切り口を知っているか、これにつきます。それは司法試験も一緒だったなと思っています。

鬼頭  確かに大学受験の数学で、しかも文系に限ると、基本は何パターンかの組み合わせですからね。例えば三角関数の問題だったら、パターンが10個くらいあって、難しい問題だとそのパターンが2、3個組み合わせになっている。だからそもそものパターンを知らないと絶対解けないみたいなところはありますね。まあ確かに、それと司法試験で言う論証パターンの組み合わせとすごく似ているかもしれないですね。

 佐藤  そうなんですよ。その感覚でやっていました。どの勉強法でも一緒だと思うのですが、アウトプットを繰り返してそれが記憶に定着されていくんですよね。人間って、忘れる生き物ですから、忘れないためにアウトプットをする。

 その究極は会話ですよね。会話するときは、言葉を思い出しているわけじゃありませんよね。自然と話せます。だから、会話で言葉が出てくるようになるまで繰り返せば、テストのときも自然と「思考力ゼロ」で答えがアウトプットできますよね。

 鬼頭  なるほど。「思考力ゼロ」というのは、暗記しているっていう感覚や思い出すという感覚なしにアウトプットできるって意味ですね。

 佐藤先生の本の内容は脳科学的に見ても非常に合理的な内容が多いですよね。アウトプット重視というのもそうですし、「その日やった勉強を、夜寝る前の5分間に書き出す→それを翌日の朝5分間で思い出す」という記憶法も出てきます。これはつまり「短期記憶を長期記憶にしていく」という話ですよね。これも脳科学と合致していると思いますね。

 佐藤  僕の場合は、最初から自然と身に付けていたものなんですけど、勉強法を学ぶために本を読んだときに脳科学の本もあったと思いますね。

 鬼頭  あぁ、なるほど。

 佐藤  その中に「短期記憶」と「長期記憶」という言葉があったので自分のメソッドとそこを合致させたっていう感じですね。

 鬼頭  「やっぱりそうなんだ」みたいな感じですか?

 佐藤  裏付けが得られた感じですね。やっぱり、脳科学って、無視できないですよね。トレーニングもそうじゃないですか。脳科学を応用して効率よくトレーニングしてますよね。勉強ってそもそも脳を使うので脳科学に照らし合わせた勉強法って、大事なのかなと思ってます。

 

 ★「モテたいから」弁護士になって何が悪い!

 

 

 佐藤  勉強法も大事ですけど、その前に目的意識も重要だと思っているんです。ゴール意識というか目的意識がはっきりしていないと、その先が見えません。鬼頭先生が仰っているモチベーションの維持とか、継続性に繋がらないんですよね。

 鬼頭  僕がこの書籍で伝えたかったのは「独学力」がないとダメだってことなんです。試験は絶対受けるものだからなんとかできても、試験が終わった後に、絶対困るんですよね。

 佐藤  そうですよね。絶対に困ります。

 鬼頭  弁護士の仕事にしてもずっと勉強じゃないですか。

 佐藤  そうなんです(笑)!

 鬼頭  ゴールはないわけですよね。その中で自ら計画を立てて「こういうふうにやっていこう」と決めるには、やはり、自学自習する力が身に付いてないと難しいじゃないですか。それを早く身に着けておかないとダメですよね。

 弁護士で言えば、司法試験までは「人から与えられたものをやっていればいいんだ」みたいな発想でも合格できます。だから合格した後で目標を見失って、「えっ? じゃあ、次は何をしたらいいんですか」みたいなことになってしまう。

 就活のときに面接官に「あなたは何をしたいんですか」と聞かれて「いや、私は何したらいいんですか」と答えてしまうような状況ですよね(笑)。

 佐藤  本当にそう思います。僕も法律事務所の代表弁護士として、採用の面接官をしていますけど、本当にそういう子が増えています。鬼頭先生の本にも僕の本にも共通しているのは、やはり、目的とかその先をしっかり見据えて、自分で戦略を立てて、自分で計画を立てて、勉強することの大切さなんですよね。

 僕の本で大事にしているのは「人間の根本としての欲求に向き合うこと」なんです。それが「お金を欲しい」でも、「モテたい」でも僕はいいと思うんですよ。「そういう夢を見て、自分で逆算して考えなさい」と言いたいんです。

 タイトルは『ずるい暗記術』ですけど、書いている内容は、「自分で計画を立てて、勉強しなさい」ということなので、そこは鬼頭先生の本と共通しているのかなと。

 鬼頭  その通りですね。佐藤先生の本は結構Tips(ティップス)、つまりちょっとしたコツやテクニックに寄っているのですが、僕の本は、もうちょっとコンセプショナル(概念的)な話なんです。だから、僕は「継続に必要な四つの要素」とか書いていますけど、佐藤先生の勉強法を見ると、「人にウケることを言う」とかそれがテクニックとして随所に散りばめられていますよね。

 佐藤  そうですね。鬼頭先生の勉強法と僕の勉強法って、本当に基本の考え方というか、抽象的な概念が一緒なんですよね。だからこそ、鬼頭先生の本を読んだときに僕も面白いと思いましたし、それこそ、欲求と向き合うことと、その欲求をうまく使うことがうまく書かれているので、すごく共感できました。

  

 次回は14日公開予定です。お楽しみに!

 目の前に最強の敵=試験が現れたら、どうする!?

 

★がついた記事は無料会員限定

 関連書籍 

 鬼頭政人著

『結局、ひとりで勉強する人が合格する』

→購入(amazon)はこちら 

 

 佐藤大和著

『ずるい暗記術―――偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法』

→購入(amazon)はこちら

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!