毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.10.04

第15回

ようやく営業許可を申請!

中村 文

ようやく営業許可を申請!

お店の家具や什器を揃えるのと時を同じくして、つまり開店予定2週間くらい前のことですが、いよいよ飲食店の営業許可を申請することにしました。「カフェもやりたいな」くらいに軽く考えていた春(連載第3回のあたりです)、すでに平塚にある保健福祉事務所を訪れ、相談をしていた私たち。気が早いかなと思いつつも、ほぼ何も用意していない段階で、営業許可に必要な条件を知っていたのは、とても良かったと思います。

事前に相談した結果、厨房のシンクなどの設備や、壁や床など条件を満たすものを買うことができました。私たちのことですから、勝手に探すと、可愛い優先で買ってしまって、設置してから許可が下りない!なんてことになっていたかもしれません(ブルブル……)。

図面を描いてから2回目の相談に行って、この図面通りに作れたら、オッケーが出るでしょう、というお墨付きももらっていましたし、厨房にするキッチンの水道工事などもわりと早い段階でやってもらっていたので、申請しようと思えば、もう少し早くできたかもしれません。ただ、店舗部分がほとんど手付かずで、なかなかここでカフェをやります! と言うことになんとなく二の足をふんでいたのです。

結局、申請したのは施設の調査や審査にかかる必要な日数を開店日から逆算してもギリギリの10日前。事務所の方に来てもらって調査する日は、ちょうどオープン予定1週間前でした。申請してから、冷蔵庫や冷凍庫につけておかなければいけない温度計を買ったり……そもそも冷蔵庫を新しいものに買い替えたのも申請した後だったのです。このギリギリっぷりったら!

冷蔵庫も業務用のものを買うか、今使っているちょっと古くて小さめの冷蔵庫に買い足して増やすか、家庭用で大きめの冷蔵庫に買い替えるか、というところで悩んでいるうちに時間が経ってしまって……。結局、置くスペースやお店で出すメニューのことを考えて大きめの家庭用の冷蔵庫に買い替えました。冷蔵庫を買ったのなんて重数年ぶり、最新のものはすごく未来的でびっくりしました。tサンはタッチセンサーでピピッと扉が開くのがお気に入りのようで、よくピピッと言わせてビールを取り出しています。

さて、ついに営業許可の調査の日になりました。余計な荷物は片付けて、店舗部分はまだ木材が積まれていたり、客席用のイスも用意できていない状態ですが、その辺は口頭で伝えてイメージしていただいて……。来てくれたのは優しそうな女性の方でしたが、そこはプロ。淡々と調査を進めます。変な自動手洗い器にも動じず、サイズを確かめるのみ。

どうかダメ出しが出ませんように!とドキドキしていたのですが、すぐに「では、9月6日より営業許可がでますので」と言っていただけました。や、やりました! ついに営業許可が出ました! あんなに気をもんでいた調査があまりにあっさり終わってしまい実感がわきませんが、こうして無事に「At GALLERY N’CAFE」は、予定の9月8日にオープンしても良いことになりました。

「営業許可書」が出来上がるのは許可がおりた日から約2週間後。今は大事に額に入れて壁に貼ってありますが、しばらくは許可書がないのに営業していることに。許可は受けているのでもちろん問題ないのですが、なんとなく落ち着かなかったものでした。実は許可がおりるが出るかどうかで、連載第11回の原稿もオープン日を変更できるように編集部にお願いしたり、とお手間をおかけしていました。原稿も営業許可も余裕を持って計画的に、と反省しました。

さあ、あとはオープンするだけ……?! とはいかないのです、やっぱりね。
 

申請して、施設の調査日が決まった記念写真です。こんな長い店名はあまりないのか、書く欄が足りず……スペース配分が難しいですね。
 
新しいカッコイイ冷蔵庫の横に付いてる白い2つの丸いものが、温度計。家庭用の冷蔵庫でも、このように外付けの温度計を付ければ、厨房施設の設備として使えます。
 
施設の調査をしてもらっているところです(撮影許可済)。このときのtサン、緊張のあまり手に汗かいてシャツで拭いていたらしいですよ。
 
お店オープンのお知らせハガキ。印刷所への発注時点では、まだ許可がおりていなかったので、万が一のために日付は手書きで書き入れることに。かなりの枚数で大変でした……営業許可申請は、なるべく早いうちに済ませましょう!
 
ついに手に入れた営業許可書!tサンがステキな額に入れてくれました。食品衛生責任者のプレートとともに。自分の名前入りの書類を飾るのって、小学生の頃の賞状以来なので妙に嬉しいです。

★がついた記事は無料会員限定

★☆★読者のみなさまへプレゼント★☆★

この連載を読んでご来店くださった方は、ぜひ「幻冬舎plusの連載読みました」とお伝えください。オープン記念にお配りしていたオリジナルステッカーをプレゼントいたします。

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
朝礼ざんまい詳細・購入ページへ(Amazon)
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!