毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.10.07

朝寝坊癖がなおらない子どもに、親ができることは?

岸見 一郎

朝寝坊癖がなおらない子どもに、親ができることは?

ミリオンセラー『嫌われる勇気』をはじめ数々の著書を通じて、「アドラー心理学」を日本中に広めた岸見一郎さん。
 実は、岸見さんがアドラー心理学と出会ったのは、子育ての悩みがきっかけでした。
 当時お子さんの保育園の送り迎えをする中で、大人の思い通りに動かない“子ども”という存在に、戸惑い試行錯誤していたそうです。そんな時、まだ日本語に翻訳されていなかったアドラーの著書を友人から借り、実行してみたところ、自身の子どもに対する考え方が大きく変化しました。

 ウィーンに世界で初めての児童相談所をつくるなど、教育に強い関心を寄せていたアルフレッド・アドラー。そのアドラーの哲学を凝縮、現代の子育ての悩みを踏まえた上で、どう「実践するか」を書いた一冊、『子どもをのばすアドラーの言葉 子育ての勇気』から、<叱らない、ほめない子育て>の極意を抜粋して紹介いたします。


親といえども子どものことはわかりません

~子どもについてわからないことがあっていい~

子どもの課題を親が代わることはできません。


子どものことは親が一番よく知っているという思い込み


 子どもには、親でも代わることができない、自分で解決するしかない課題があります。子どもがそのような課題に直面している時、親は基本的には見守るしかありませんが、自力では解決できないこともあるかもしれないので、そんな時にそなえて「何か手伝えることがあったらいってね」と伝えておくことはできます。

 そして、もしも、子どもの方から何らかの援助を求めてくれば、可能な範囲で手伝うことはできます。これが子どもに協力するということの一つの面です。可能な範囲でというのは、例えば、子どもの代わりに親が勉強するわけにはいかないからです。

 大事なことは、親は、子どもからの援助の依頼がなければ、動くことはできないということです。あるテレビドラマで、息子の妻が妊娠したことを知った姑が、彼女が勤務する会社に行って、今は身体が大切だから、と海外出張のスケジュールを取りやめにしてほしいと頼む場面がありました。大方の人は、姑のこの行いを笑止と見るでしょうが、子どもに対してこれと同じようなことをしていることに気づいている人はどれだけいるでしょう。

 親が勝手に動いてはならないのは、一つには、子どもの課題は基本的に子どもにしか解決できないからですが、もう一つは、親といえども、実は子どものことを本当に知っているとは限らないからです。「この子のことは、親の私が一番よく知っている」という人がいます。そういう親も、自分が子どもだった時は、親から同じことをいわれて反発を覚えたのではないでしょうか。


 親子に限らず、他の人のことについては、自分に引きつけて推測することはできますが、はっきりしたことはわからないことが多いように思います。間違った判断をするくらいなら、子どもの言動について疑問に思うようなことがあれば、率直にたずねることをお勧めします。

 協力するということについては、さらに次のような面もあります。子どもと関わる場面でどうしていいものかわからない、という経験をしたことがない親はいないでしょう。そんな時も、子どもがしていることで、親が困っているということ、例えば、朝起きるのが遅いというようなことについて、率直に話し、子どもに協力を求めることはできます。そうすれば、子どもの方から解決策を提示してくることもあります。

 子どもについてわからないことがあっていいのです。わからないからこそ、そのことについて、子どもにたずねてもいいと親が思い、実際に必要な時には、たずねることができなければ、子どもを援助することはできません。

 子どもの方も、どうしていいかわからないことがあるはずです。子どもが自力で問題を解決できるにこしたことはありませんが、子どもが自力でできないことについては親に援助を求めてもいいですし、この親なら相談に乗ってくれそうだと子どもに思ってもらえるようになりたいものです。


次回、「体罰に正義などない」は、10月11日公開です。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

岸見 一郎『子どもをのばすアドラーの言葉 子育ての勇気』
→電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

 

 

 

 

岸見 一郎『生きる勇気とは何か アドラーに学ぶ』
→電子書籍はこちら

 

 

 

 

岸見 一郎『人生に悩んだらアドラーを読もう。』
→電子書籍はこちら

 

 

 

 

岸見 一郎『老いた親を愛せますか? それでも介護はやってくる』
→電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!