毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.10.20

第5回

俺に是非を説くな 激しき雪が好き――野村秋介墓碑の句

山平 重樹

俺に是非を説くな 激しき雪が好き――野村秋介墓碑の句


「国家権力が最も恐れた男」は、〈自らの掟〉に忠実だったがために自決した。

平成5(1993)年10月20日、朝日新聞東京本社役員応接室で、野村秋介は2丁拳銃の銃弾3発で心臓を貫き自決した。

前年7月の参議院選挙期間中、週刊朝日が野村を代表とする政党・風の会を揶揄。風の会は選挙で22万票を集めたものの一人の当選者も出せずに終わっていた。

なぜ自決したのか?10月20日なのか?そもそも周囲の反対を押し切って参院選に出馬したのか?――

彼の人生を決定づけたある特攻隊員との8歳での出会いから、偉大な明治男である父の影響、青春の横浜愚連隊時代、豊富な人脈との幅広い交遊、口舌の徒を嫌い自らの肉体をもって常に行動する〈肉体言語〉の思想、経団連事件・住友不動産会長宅襲撃事件・河野一郎建設相邸焼き打ち事件・フィリピン石川重弘救出事件の真相まで、最も近しい作家が書き尽くした、美学と情念で貫かれた民族派の巨星の劇的人生!

 

試し読み第1回第2回第3回第4回

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

山平重樹『激しき雪 最後の国士・野村秋介』
→電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!