毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.10.03

裁くこと、同情すること、許すこと

小池 龍之介

裁くこと、同情すること、許すこと

前回は「縁起」の話を記しまして、嫌なことをする人は因果律のプログラムに従って否応なくそうせざるを得ないのだし、好もしいことをする人すら実は、否応なくそうせざるを得ないのだと、申しました。

 その道理がわかればわかるほど、特定の「間違った人」を憎み続ける力は弱まり、特定の「好もしい人」をえこひいきし愛する、という力もいくらか弱まります。

「間違った人」を憎むということでふと思い当たりますのは、犯罪者に対して、被害者やその家族、ないし第三者たる社会一般が抱く感情です。

 しばしば、「こんな酷いことをしたのだから、一生許しません」ということが言われたりもします。犯罪者が意固地であって、謝罪すらせずに自己正当化していようものなら、いっそう許せなさや弾劾が強まるものですね。

 けれどもここで一歩立ち停まって、前回記したようにその犯罪者と自分を置き換え、真剣にその人に感情移入してみてください。ポイントは、自分の思想や感情をその人の中に持ちこむのではなく、なるべくそれらを( )に入れ、その人が何を感じ、どんな精神的プログラムに突き動かされているのか、それをイメージして、その中に入ってみるのです。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

小池龍之介『しない生活~煩悩を静める108のお稽古~』

→書籍の購入はこちら(Amazon)

→試し読み・電子書籍はこちら


小池龍之介『もう、怒らない』
→書籍の購入はこちら(Amazon)
→試し読み・電子書籍はこちら


小池龍之介『沈黙入門』
→書籍の購入はこちら(Amazon)
→試し読み・電子書籍はこちら

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした
  • 激動の戦後政治を牽引した田中角栄の、生き様
  • 全五巻構想、大河小説第一弾!!
心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!