毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.09.26

【特別回】ドラマ「真田丸」をもっと楽しむ解説3

ドラマ「真田丸」。現代を生きる我々の生きる道まで示してくれた、真田昌幸の最期の”究極の言葉”とは!?

房野 史典〔ブロードキャスト!!〕

ドラマ「真田丸」。現代を生きる我々の生きる道まで示してくれた、真田昌幸の最期の”究極の言葉”とは!?

真田一家が、いかにすごかったかをもっとも体現したのは、真田昌幸かもしれません。
ドラマ「真田丸」の先日の放送では、あの無敵の昌幸が、権力に負けて次第に老いていく様子が描かれ、胸が苦しくなりました。
ということで、今回もドラマのご紹介しますが、そもそもこのコーナーは房野さんの『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』の連載。どんなわけで、この本が面白がられているのかも、しっかり解説しますよ~!

*   *   *

皆さん、こんにちは。
幻冬舎pulsさんで「東大生も唸った! 超現代語訳・戦国時代」という連載をさせていただいている、房野史典というものです。
つい先日(9月8日)、この連載に、加筆、修正を加えたものが、書籍となりました。タイトルは『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』です。
戦国時代の出来事を噛んで噛んで、砕いて砕いて、お届けしているので、「歴史に全然興味なかったけど、これなら読めた!」とか、「歴史の知識が全くなかったけど、ホントにわかりやすい!」というようなお言葉をたくさん頂きました。本当に嬉しくて、ありがたいです。
ではここで、どんな嚙み砕き方をしているかの例を、”大名と国衆”の説明で読んでいただきたいと思います。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

房野史典『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳・戦国時代』
→書籍の購入はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 相手の力を利用すれば、実力以上の仕事ができる。
  • 専門知識不要、伸び続ける投資法のしくみがわかる
  • 神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
  • 山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
相手の力を利用すれば、実力以上の仕事ができる。
専門知識不要、伸び続ける投資法のしくみがわかる
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!