毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.10.17

胃痛に効く! 栄養レシピ

森崎 友紀

胃痛に効く! 栄養レシピ

 体は、食べた物の積み重ねでできています。栄養のあるものをバランスよく食べていれば、体や心の不調は消え、内面から美しくなれます。そのためには、何をどのくらい摂ればいいのかなど、栄養の知識が不可欠。森崎友紀さんの『知識ゼロからの栄養学入門』にはそんな栄養の基礎知識が解説されており、さらにはそれを活かしたレシピが満載です。体調を崩しやすい秋、本書に掲載されているレシピを、全6回にわたってご紹介します。第2回の今回は、「胃痛に効くレシピ」です。

* * *

 胃痛

胃の粘膜の修復には、ビタミンUやムチンが有効

  
 

 症状

 胃痛の原因は、暴飲暴食や食中毒、寄生虫、ストレスなどがあります。痛みが激しいときや、嘔吐や下痢をくり返すときは、すぐに医療機関を受診しましょう。

 

 栄養対策

 乱れた食生活やストレスが原因の胃痛は、胃酸の出すぎで胃の粘膜に炎症が起こっている可能性があります。改善には、胃の粘膜の新陳代謝を促すビタミンUや、粘膜を潤して胃壁を守るムチンを意識して摂りましょう。また、胃の粘膜を保護するビタミンCやE、粘膜を再生するビタミンAが多い食品も効果的です。味が濃いものや、香辛料、カフェイン飲料などは刺激が強いので控えめに。冷えからくる胃痛の場合は、温めると症状が和らぐことがあります。

 

 効果的な食材

 山いも

 

 粘り成分のムチンが、胃の粘膜を保護して胃痛を改善します。でんぷん分解酵素のアミラーゼは、消化を助け、あれた胃を回復してくれます。アミラーゼは熱に弱いため、生食がオススメ。

 

 キャベツ

 

 キャベツに含まれるビタミンUの別名はキャベジンです。胃薬にも使われている成分で、胃酸の出すぎを抑え、傷ついた胃の粘膜を修復する働きがあります。ビタミンUも熱に弱いので、有効に利用するには生で食べるのが一番です。また、キャベツにはビタミンCも多く、粘膜を保護します。「胃痛にはキャベツ」と覚えておくとよいでしょう。

 

 じゃがいも

 

 ビタミンCが豊富で、胃を保護するとともに、強化してくれます。本来ビタミンCは熱に弱いのですが、じゃがいもの場合はでんぷん質に守られているおかげで、加熱しても損失しにくく、効率よく摂取できます。

 

 その他

 レバーやかぼちゃ、にんじんには粘膜を再生するビタミンAが豊富です。

 

 * * *

 

 レシピ紹介*ポテトもち 

 

 

 ●材料(2人分) 

 じゃがいも…大2個
 片栗粉…大さじ3
 マヨネーズ…大さじ2
 塩・黒胡椒…各少々
 オリーブオイル…大さじ1
 ケチャップ…適量

 

 ●作り方

 1、じゃがいもの皮をむき、ひと口大に切って耐熱容器に入れ、ふんわりラップをして電子レンジ(600W)で3分加熱する。
 2、1が熱いうちにマッシュし、片栗粉、マヨネーズ、塩、黒胡椒を加えて混ぜる。
 3、食べやすい大きさに手で丸めて平たくし、オリーブオイルをひいたフライパンで両面がきつね色になるまで焼く。ケチャップを添える。

 

 隠し味のマヨネーズでコクが出て、ビタミンCたっぷりのじゃがいもをおいしくいただけます。

 

 

  次回は、冷え性に効くレシピをご紹介します。更新は21日です。お楽しみに。

★がついた記事は無料会員限定

森崎友紀オフィシャルHP

 森崎友紀さんが育児中のレシピも紹介している、大人気ブログはこちら。
森崎友紀オフィシャルブログ Unity Magenta Blog


 

関連書籍 

『知識ゼロからの栄養学入門』
栄養を知ることは、自分のカラダを知ること。ストレス、体調不良、肌の荒れ、肥満の悩みは体内から解決できる!! 日本人に足りない4つの栄養素とは? カルシウムが減ると物忘れが多くなる? 太った人でも栄養失調になる? これ1冊で、栄養の基礎から雑学、体質改善レシピまで網羅。
 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!