毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.09.20

“渋谷系”ピチカート・ファイヴ「東京は夜の七時」はブラジルでも人気だった!

“渋谷系”ピチカート・ファイヴ「東京は夜の七時」はブラジルでも人気だった!

9月18日(日本時間19日)、リオデジャネイロ・パラリンピックが終わりました。
その閉会式の、次大会「東京パラリンピック」に引き継ぐプレゼンテーションの最後に流れた、「東京は夜の七時~リオは朝の七時」はお聞きになりましたか?

元ピチカート・ファイヴ、3代目ボーカルの野宮真貴さん

原曲は、ピチカート・ファイヴが1993年に発表した「東京は夜の七時」。渋谷系音楽として一世を風靡したピチカートの代表曲です。
この曲を歌うのは、9月23日幻冬舎より「赤い口紅があればいい いつでもいちばん美人に見えるテクニック」を刊行するピチカート・ファイヴ3代目ボーカルの野宮真貴さん。

「シブヤケイ」は、当時、日本だけでなく、ひとつの音楽ジャンルとして世界中でブームを巻き起こしました。
とくに日系人の多いブラジルでのピチカート人気は高く、野宮さんもブラジルでライブを開いたこともあり、現地の取材では、「ジブヤケイ」のことを何度も質問されたといいます。
「東京は夜の七時」は、実はブラジル国内にすでに浸透している曲でもあったのです。

帯には、ジェーン・スーさん、Charaさんのコメント

「赤い口紅があればいい」は、ピチカート時代の思い出も交えながら、35年の歌手人生のなかで獲得した「効率的に美人に見せるテクニック」をまとめました。

目次はこちら

また新しい野宮さんを発見できる本です。(T)

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 不確かな未来と冒険の物語を、その情熱で捕まえて、前へ進め!!
  • 異世界に転生した冒険者の視点から、経営のコツとビジネススキルが学べる、異色のビジネスライトノベル。
  • ワケあり男女がシェアハウスに!
  • 人気芸人の、笑って、共感して、思わず沁みるエッセイ集。
  • 物語が、海を超えてつながった——!
  • 専門知識不要、伸び続ける投資法のしくみがわかる
  • シンギュラリティに向かう時代のビジネスチャンスを読み解く、必読の一冊。
  • 神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
美人かどうかは目元で決まる。
学生限定 全商品10%キャッシュバック中!
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!