どんなに嫌なことをする人間がいたとしても、それはその人の自由な意志によってそうしているわけではなく、過去からの因果律によって、否応なくそうせざるを得なくなっている。そんな話を前回、いたしましたね。

 たとえば私の身近に、ちょっとしたことですぐ怒る人がいて、その方のパートナーや家族に、脅威を与えています。

 そういう人に対して、「何でこの程度のことで怒るんだ!」と不快になるのは簡単です。「そんなに怒ったら他の人がどんな気持ちになるのか、想像力が足りないんだ」などと言いがちなものですが、ちょっと待ってください。そのようなことを安易に言う人こそ実は、まさに想像力が、欠けているのです。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plus 4周年キャンペーン中。豪華賞品が総計100名様に当たる
幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

小池龍之介『しない生活~煩悩を静める108のお稽古~』

→書籍の購入はこちら(Amazon)

→試し読み・電子書籍はこちら


小池龍之介『もう、怒らない』
→書籍の購入はこちら(Amazon)
→試し読み・電子書籍はこちら


小池龍之介『沈黙入門』
→書籍の購入はこちら(Amazon)
→試し読み・電子書籍はこちら