あれの季節である。待ちに待ったあれの季節がやってきた。栗。わたしの愛する栗のデザートの季節である。
 栗は子どもの頃からの大好物。ゆでた栗を包丁で半分に切ってもらい、スプーンで食べるのが楽しみだった。栗ごはんの日は必ずおかわりしたし、おかずがなくてもよかったくらい。そして、そのまま栗に飽きることなく大人になり、栗好きにますますエンジンがかかっている。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

益田ミリ『美しいものを見に行くツアーひとり参加』

→書籍の購入はこちらから(Amazon)