皆さんご存知とおもいますが、
ここで連載されていた「応仁の乱」「真田三代」に、ここでは連載されていない「関ヶ原の戦い」を加えて、一冊の本になりました!
タイトルは、『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』です。
ぜひぜひお買い求めください。本になったので、ここに掲載されていた連載は読めなくなってしまってますが、お許しくださいね。

さて。
念願の天下統一が、ついに、ついに、叶った秀吉。
がしかし、天下統一したら、それだけじゃ、満たされなくなりました。
さあ、秀吉、ますます、狂気へと向かいます……。

   *   *   *
「せかいを変えるのさ」とつぶやきながら、いつか見たあの夢を追い越して

では黒田官兵衛パート13です。
おさらいだ!
北条と伊達は、秀吉に従わない。
  ↓
北条が勝手なことするから、「もう戦う!」ってなる。
  ↓
北条「小田原城と待ってる!」って、戦う気マンマン。
  ↓
大軍だし、石垣山城とか作るし、北条さん「ヤバ……」
  ↓
官兵衛、北条さん説得。負けを認める。
  ↓
秀吉、天下統一。

戦国時代が始まってから約120年が経ち、日本は豊臣秀吉によって統一されました。
官兵衛・秀吉タッグが夢見たことが、ついに実現したのです。
これでようやく日本に平和が戻ってくる。
ところが……。

秀吉「よし! 明(中国だね)攻めるよ!」
全国の大名「え? …………マジっすか……?」
  
秀吉は海外進出を宣言しちゃったんです。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

房野史典『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳・戦国時代』
→書籍の購入はこちら(Amazon)