毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.09.15

世界最高齢モデルの生き方(3)

人生はいつも自分の思い通りにいくとは限らない

ダフネ セルフ

人生はいつも自分の思い通りにいくとは限らない

世界最高齢、88歳のモデルであるダフネ・セルフさんを知っていますか? 最愛の夫の死後、70歳でファッション誌「VOGUE」に復帰し、一流ブランドのランウェイで今も活躍されています。シワもシミもあるけれど、20代の頃より楽しいと語るダフネさんの新刊『人はいくつになっても、美しい』より、ありのままの自分を愛するための言葉をお届けします。

人生はいつも自分の思い通りにいくとは限らない

 私は、モデルの仕事で大切なのは、楽観的でいることだと思っています。カメラの前に立つまで何が起こるかわからない、それがモデルの世界です。

 ひょっとすると、明日には地球の裏側でロケをしているかもしれないし、何事もなかったように家で暇を持て余しているかもしれない。

 土壇場で仕事がキャンセルになることも、予算の関係でまったく違う段取りになることも、そんなの日常茶飯事です。

 ちょっとくらい面の皮が厚いほうが、この世界ではいい。私はそう思って、ここまでやってきました。

 オーディションに落ち続けることもあるし、やっとの思いでつかんだ仕事が、一瞬にしてなくなることもある。いちいち落ち込んでいたら、とても務まりません。

 実際私も、「顔が気に入らない」の一言で、いくらがんばっても仕事を断り続けられた時期がありました。子どもを産んだあと、モデルに復帰しようとしたときの話です。

 当時脚光を浴びていたのは、ミニスカートブームの火付け役であるツイッギーやジーン・シュリンプトンで、私は彼女たちのように、中性的な魅力は持ち合わせていなかったからです。

 でも、それは別に私が悪いわけじゃない。
 歳を取りすぎていると言われても、顔が時代遅れだと言われても、私はめげませんでした。

 だって、別に私という人間を否定されたわけじゃありませんから。
 要は、相手のニーズに自分がマッチしなかっただけ。さっさと忘れて次へ進もう! そう思っていました。

 人生は決して自分の思い通りにいくものではないと、私はこの仕事から学びました。でもだからといって、落ち込むことはないのです。

 だからこそ、私たちは強くなれるんですもの。
 それに、自分の力が及ばないことをくよくよ悩んでも、いいことは一つもありません。
 物事を真剣に受け止めすぎない鈍感さ。そんないい意味での楽観主義は、きっとモデルの仕事だけでなく、いろんな場面で自分を救ってくれると思うのです。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

ダフネ・セルフ『人はいくつになっても、美しい』
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 0万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る
  • 胸に迫る、慟哭必至の医療ミステリ。
  • 読む者すべての胸を打ち、揺さぶる衝撃のミステリ!
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
これは日本の悲劇でもある。
最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
電子オリジナル書籍レーベル“幻冬舎plus+”
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!