毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.09.06

第11回

再始動は床塗りから!

中村 文

再始動は床塗りから!

しばらく停滞していたカフェ作りですが、8月のお盆を過ぎた頃に大きく動き出します。周囲にも「この夏、オープン予定!?」と言ってしまっていたし、やっぱり9月あたまにはオープンしたいよね、とtサンと話し合ったのです。それから改めてスケジュールを確認すると、もう全然間に合わない! と急に焦りが出始めたからです。

なにはともあれ、まずはかなり前に張ってもらっていた床を塗ろう! ペンキも買ってあるし、いつでも塗れたのに放置してしまっていた床には、気づくとどんどん物が物が置かれていき、お店の中が雑然としてしまっていました。まだ壁のことも考えなくてはいけないのですが、床を塗ってみてお店全体のイメージを改めて考えよう、ということになりました。

用意してあるペンキは、私たちが大好きなグレーがかった水色、オスモカラーの氷河色という色です。木に染み込んでコーティングしつつ色が乗るタイプの塗料です。そのため薄く塗り込めないといけないのですが、そんな注意をする間もなく、tサンはいきなりローラーでゴロゴロ塗り始めました。そもそも床の面積に対してギリギリの量しか用意していなかった私も悪いのですが、ペンキを惜しげもなくジャブジャブ使って、楽しそうに塗っていくtサンをハラハラしながら見守ります。

そして、案の定トラブル発生! まず、大きな面積を塗るならと選んだローラーは、床に張った板が真っ平らではないせいで、上手く塗れず失敗でした。力も入れにくく表面をなでるだけになってしまい、なかなかペンキが染み込みません。しかも塗りムラがすごい……。途中でコテバケに切り替えます。これなら力が入りやすいのでゴシゴシ塗れます。

コテバケで塗りムラを均一に伸ばしつつ塗っていたのですが、床の3分の2ほどを塗ったところで、とうとうペンキが尽きてしまいました(ほら、やっぱり!)。このペンキ、ちょっと珍しい色だったので近所のホームセンターでは売っておらず、すぐにネットで頼んでも届くのは早くても明日以降。実は、この時点で2日後に壁塗りをするために助っ人を頼んでいたので、床が乾く時間も考えて少なくとも明日中には床を塗り終えていたい、という状況でした。

その時、tサンが閃きました。「残りは白いペンキで塗ればいいんじゃない?」

tサンいわく、もともとギャラリースペースとカフェスペースは緩やかに区切る予定だったし、床が色分けされていると、それが分かりやすい。さらに床が二色になっているお店って、あんまり見かけないから面白い。何より水色と白のツートンカラーになったら、すっごく可愛くなると思う、とのこと。

私は正直ピンと来ませんでした。用意万全と思っていたのに、ペンキの量が足りなかったり
塗るために選んだローラーが良くなかったり、段取りの悪い自分にイライラしていたのもあり、ハナからツートン案は却下してしまいました。とにかくなんとか水色一色に塗りきらなければ、と思い込んでいたのかもしれません。

そんな私に若干ムッとしながらも、どんなにこのツートンカラーのプランが素晴らしいかをプレゼンするtサン。撮った写真に加工して、白く塗った場合のシミュレーションまで始めます。ちょっと面倒くさくなって「ハイハイ、じゃあそれでやってみれば」と気の無い返事をすると、「ちゃんとふたりで納得してから塗りたいから!」と、説明の勢いが止まりません。

結局、なんとかtサンが私を説得したという形で、残りの部分は白く塗ることに決めました。すぐにおなじみロイヤルホームセンターに白いペンキを買いに行きました。取り寄せた水色と同じメーカーのペンキは、白色や茶色ならば在庫があることは確認ずみでした。でも、その日はペンキを買ったところで時間切れ。まだ店舗の照明が揃っていないので、日が暮れてしまうと薄暗い中での作業は難しいのです。

次の日、いよいよ白色を塗ります。水色部分もしっかり乾いていて、作業がしやすかったので、なりゆきですが時間を置けたのは良かったです。白いペンキも木に染み込むので、木目や刻印が透けて見える良い風合いになりそうです。そうなんです、結果的にはtサンの言ったように、とっても素敵なツートンカラーの床になったのです(イラっとしてごめんね、tサン)。これでお店の全体の雰囲気が決まったので、壁や置く物のイメージがぐんとしやすくなりました!

こうして仕切り直しをしたギャラリー&カフェ計画の途中ですが、この頃、とっても重要なことを決めました。お店のオープン日です! 決めてしまいました! 2016年9月8日、そう、今週の木曜日からオープンしてしまうのです。

tサンが大切にしている「ブタフィーヌさん」というキャラクターがいます。ほぼ日刊イトイ新聞で連載していた四コマ漫画の主人公なのですが、そのブタフィーヌさんのお誕生日が9月8日なのです。記念日が一緒なのも嬉しいし、お店の定休日を火・水曜日にしたかったので、8日が木曜日なのもスタートとしてちょうど良いのです。

オープン後にもこの連載は続けさせていただくので、再始動後の怒涛の日々は、また順を追って書いていきたいと思います。それでは、ドキドキしつつまた来週!

 

最初のローラーで塗っているところ。ペンキがのびなくて苦戦中。

 

だいぶ塗りムラができちゃったので、コテバケに切り替えました。この後、柄をつけて塗りやすくなりましたが、この日は猛暑! 汗びっしょりでクラクラです。

 

 

水色ペンキ(強制)終了!

 

tサンの作成した、ツートンカラーのシミュレーション画像。なかなかピンとこなかったのですが……。

 

完成したツートンカラーの床。あれ……? いいかも!

 

2016年9月8日、オープンです!

 

At GALLERY Nʼ CAFE(エーティーギャラリーアンドカフェ)
11:00~19:00 火・水定休
255-0003 神奈川県中郡大磯町大磯1857
http://atgallery.info

 

★がついた記事は無料会員限定

★☆★読者のみなさまへプレゼント★☆★

この連載を読んでご来店くださった方は、ぜひ「幻冬舎plusの連載読みました」とお伝えください。オープン記念にお配りしていたオリジナルステッカーをプレゼントいたします。

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
朝礼ざんまい詳細・購入ページへ(Amazon)
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!