東日本大震災があったのは、ついこの間のように思えるが、もうどんどん時は過ぎている。
言葉にできないような経験をした地元の人たちが、大人が、子供たちが、どんなふうに暮らしているのか。
姿勢を正して読んだ、今回のエッセイでした。

*   *   *
エッセイ
あそぼっカー

 空が痛いくらい青い。
 綺麗に整備された道路が、どこまでも続いている。まるでこれから開拓されていく新しい町のようだ。アスファルトも、そこに書かれた白い標識も、まっさらでツヤツヤしている。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定