毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.09.20

緑のバラのような形のチンゲンサイ

桐原 春子

緑のバラのような形のチンゲンサイ

「眺めて美しく、食べておいしい庭」は、いまやもっとも贅沢な癒しの空間かもしれません。夏の暑さが過ぎ、屋外での作業もしやすくなったいまこそ、ご家庭でおいしく安全な野菜を育ててみてはいかがでしょう。ハーブ研究家の桐原春子さんの著書『知識ゼロからの食べる庭づくり』には、一般家庭でもできる、美しくおいしい庭づくりのノウハウが満載。その中から、この時期に育てられる野菜を全6回にわたってご紹介します。第2回の今回は、炒め物やスープに重宝するチンゲンサイの育て方です。

チンゲンサイ

  日当たりと水はけの良い、適度の湿り気のある場所を好みます。種でも育てられますが、春と秋に苗が販売されます。チョウによる害を考えると秋の方が育てやすいでしょう。

 植える場所にはあらかじめ苦土石灰と完熟追肥を施し、元肥を施します。小さな苗でも立派に育ちますので、畑でもプランターでも育ててみましょう。チンゲンサイは茎の部分と葉脈の部分が白く、葉の緑色との対比が美しく、そのうえ緑のバラの花のように成長します。鉢植えは野菜用の培養土を使用しますが、苗は徒長していない、がっちりしたものを求め、根鉢を崩さないように植えます。

上から眺める位置に置くと、緑のバラの花のように見える。パンジーなどを同心円状に植えて、中心に植えてもきれい。

 

  レシピ紹介*チンゲンサイの中華風 

 ●材料(2人分)
 チンゲンサイ…2束
 サラダ油…適量
 干しエビ…適量
 塩、コショウ…少々
 片栗粉…適量
 A
 ・だし汁(中華風)…1/2カップ
 ・酒…大さじ1
 ・みりん…大さじ1/2
 

 ●作り方

 1、チンゲンサイは縦に1/4に切り、油をひいたフライパンで干しエビと一緒に炒める。

 2、Aを加えさっと煮て塩、コショウで味をととのえる。水とき片栗粉でとろみをつける。

 

 次回は、ミズナの育て方をご紹介します。更新は24日(土)です。お楽しみに。

 

★がついた記事は無料会員限定

 

 四季折々の美しい庭を紹介している桐原春子さんのブログはこちら。
 【桐原春子のハーブ・ダイアリー】http://d.hatena.ne.jp/mitioyoneko/

 関連書籍

『知識ゼロからの食べる庭づくり』
→書籍の購入はこちら(Amazon)

 野菜をきれいに、おいしく育てる! 土作り、肥料、害虫駆除など基本を伝授。庭からの収穫で作る絶品レシピ付き。

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!