今年1月のSMAP解散騒動には、みんなびっくりした。NHKのニュースでも流れた、まさに国民的ニュースだった。
とはいえ、あのときは急速に終息し、このままいくのだろうと気を抜いていたのだが、再びの解散騒動。
みんなの大好きなアイドルが、どうして、こんなふうにバッシングされることになったのだろうか。
精神科医・岩波明氏の手ほどきで、まずはその流れを整理してみよう。

*   *   *

 連日のように報道されているSMAPの解散騒動だが、不透明でどこかやりきれない雰囲気が漂っている。そのように感じている人は、多いのではないだろうか。
 こういう印象が生まれてしまうのは、事務所サイドの思惑(=すなわち情報操作」が、マスコミの報道内容に強く影響しているからだと考えていいだろう。乱暴な言い方をすれば、SMAPのメンバー、特に、当初に事務所の離脱を画策した4人のメンバーを「悪役」にしようという“思惑”の存在を感じるのである。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plus 4周年キャンペーン中。豪華賞品が総計100名様に当たる
幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

岩波明『他人を非難してばかりいる人たち』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)