毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.09.07

苦手科目なんてない!それは単なる勉強不足です。

鬼頭 政人/佐藤 亮子

苦手科目なんてない!それは単なる勉強不足です。

開成中学・高等学校から東京大学を卒業して弁護士になり、2013年に司法試験の予備試験や社会保険労務士など20種類以上の資格試験対策をオンラインで提供する「資格スクエア」を起業した鬼頭政人さん。
今回、『結局、ひとりで勉強する人が合格する』を書いた鬼頭さんが、ぜひ対談したいと望んだのが佐藤亮子さんです。佐藤さんは3男1女の母。上の男の子3人を灘中学・高等学校から東大医学部に進学させた“プロママ”です。
合格請負人のエキスパートの2人。2人が勧める合格のためのノウハウには驚くほどの共通点が。2回目は合格する条件について語り合ってもらいました。
(構成と写真:今津朋子)
 


鬼頭 佐藤さんは中学受験生の保護者の方対象に講演活動をなさっていますが、どんな質問が多いですか?

佐藤 「苦手科目があるのですがどうしたらいいでしょう?」という質問が多いですね。

鬼頭 どうお答えしているのですか?

佐藤 「苦手な科目があるのは勉強不足です」とハッキリ申し上げています。合格したかったら苦手科目もしないと。ある分野があって1回で理解できる子と3回しないと理解できない子がいるのは当然で、できないのなら3回やればいいと思います。
10回しないといけないなら10回する。苦手というのは勉強量が足りないだけですよ。それなのに塾が合ってないのではとか、向いてないとかおっしゃる。甘いんですよ、そのへんが!

鬼頭 ははは、厳しいですね。でも僕も同じ考えです。これがオリンピックで金メダルを獲るとか、ノーベル賞をもらうとかだと才能が関係してきますが、受験はしょせん向こうが要求する最低レベルを知っているかを試すことなので、求められるものをすればいいんです。
勉強することに慣れていない人や、一定時間勉強が継続できないという人もいますが、その場合でも、やり方を学べばできるようになると思います。
合格するかは能力の差ではなく、ノウハウの差だと思うんですね。

佐藤 そうです。目標を決めて合格に必要な勉強量を知って、日割り計算して日程を組むのがまずすることです。試験日から逆算して1日単位で今日は何をすればいいか細分化するんです。すると、今日は何をすればいいかがわかるのでラクなんですね。

鬼頭 試験日というゴールは大学入試でも司法試験でも動かせません。スタートする日は動かせますが、今現在がスタートするのに一番早い日ですから、遅らせるにつれて使える時間はどんどん減っていきます。時間は決まっているので、大枠の日程を立て、中枠の日程を立て、小さい枠に落とし込んでいくといいですね。私はそれを指導しています。
でもだいたいの人はざっくりしていますよね。「今週はこれをやる」とか下手すると「今月はこれをやる」「9月までにこれをしよう」とか(笑)。

佐藤 「今週はこれをやる」と決めるとだいたい月曜から金曜は何もしなくて土曜日になって「できてない」と焦るのがオチですよ(笑)。

鬼頭 夏休みにはこれをやろうと思って、1週間前になって何もしてなくて「やばい!」と焦るのといっしょですよね。

佐藤 ですから私は子供たちの中学受験のとき、夏休み40日間の勉強日程を3日かけてつくりました。起床から塾までの通学時間や、食事の時間も考えて綿密に作りました。でもこれがあればあとは実行するだけですから、かえってラクなんですね。
帰宅して「今日は何をやろうかな」では迷うだけです。帰宅した時点でその日にする勉強がわかっていることが望ましいですね。そうでないと、スマホいじったりして時間がどんどん経っていっちゃう(笑)。
スケジュールが立ってなくて、むやみに「がんばるぞ~」「寝ないでがんばるゾ~」というのが一番いけませんね。
ゴールが霧に隠れて見えてないより、はっきり見えていたほうが目指しやすいからです。
受験で、なんとなく勉強していって、「最後の模試の成績を見て志望校を考える」という保護者もおられますが、その方法だとかえって子どもも親も不安になります。
 


鬼頭 あと、佐藤さんの本にも書いてありましたが、受験はみんなができる問題を落とさないことが大事ですね。

佐藤 そうですね。

鬼頭 試験って相対的なものなので、1番を取る必要はないわけです。どの試験でもだいたい上位1/3に入っていれば合格できるので、みんなができる問題を取ればたいていは大丈夫なんですね。
ということはやはり、よく出る問題をするのが対策ですね。
一番よくないのは、たまに出るような問題を気にして、出そうな問題は全部しないといけないと思ってしまうことです。
そう考えると一気に勉強すべき量が増えてしまうので、時間もかかり負担が増えてしまいます。

佐藤 たまに出るような問題は、すごく余裕があったらやればいいんです。
それよりも、みんなができる問題が先。みんなができる問題を落とさないにはコツがあるんですよ。
それは基礎をしっかりやって鉄板にすることです。基礎問題といっても入試では切り口を変えて出題されることが多いんですね。切り口を変えて出題されたらわからなくなるのは理解不足ですよ。どこから出されても解けるようにしておくと合格が見えてくるでしょうね。

鬼頭 そのためにはやはり、頻出問題を重点的に繰り返しするといいですね。

佐藤 その上で、向こうが試してくる問題が解けたら、もう合格です。
以前、東大入試の数学で受験生のうち1人か2人しか解けないような超難問が1問出題されたことがあったんですね。
灘の生徒は数学が得意な子が多いので、「解かなくてはいけない」と思って焦ってしまったようです。1日目が終わって落ち込んで、「2日目は行きたくない」と言った子までいました。でも、そんなときは、その超難問は外して他の問題を解かないといけないのです。そのへんを見極めることも大事ですね。

鬼頭 そんなことがあったんですね。

佐藤 そうです。たまにはそんなこともあるのですが、基本的にはやはり基礎を固めることですね。質のいい基礎問題を繰り返し解くことだと思います。


第2回は9月11日(日)公開予定です。
考えがピタリと一致する2人にまさかの論争が……?!

★がついた記事は無料会員限定

  関連書籍

 

『開成→東大文I→弁護士が教える超独学術 結局、ひとりで勉強する人が合格する』

 鬼頭政人 著

 無料立読み・電子書籍はこちら

 書籍購入(Amazon)はこちら

 

 

『受験は母親が9割 灘→東大理III に3兄弟が合格!』

 佐藤亮子 著

 書籍購入(Amazon)はこちら

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
朝礼ざんまい詳細・購入ページへ(Amazon)
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!