今回から3回にわたって、「余白の力」は、「ホリエモン、ゲーム業界に参入スペシャル」をお送りします。堀江貴文氏が参入する分野は、人狼ゲームのアプリという。第一回の今回は、何故、ゲームなのか、何故「人狼ゲーム」だったのかについて、ニコニコ超会議の横澤大輔氏と本アプリ開発に参加している斎藤由多加氏とが、パーティーゲームの本質に迫ります。

*  *  *

きっかけは「人狼 TLPT(ザ・ライブ・プレイング・シアター)」

斎藤 今回、ゲームに参入されるということですが、何故、人狼ゲームアプリをやろうと思われたんですか? というところから話を始めようと思うんです。

堀江 人狼ゲームに関わるきっかけになったのは、知人の役者が「人狼 ザ・ライブプレイングシアター」(略称「人狼TLPT」)に出たのを見に行ったんです。
もともと、小劇場系の舞台ってツマンナイ、という僕の中での問題意識があったんです。見に来る客は大体、友達か役者仲間か家族で、一般客はほとんどいません、みたいな感じで、要するにみんなでオナニーしてる。だからその時もそんな期待もしてなかったんだけど、何とこの僕が寝なかったんです、2時間半くらい。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plus 4周年キャンペーン中。豪華賞品が総計100名様に当たる
幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

斎藤由多加『社長業のオキテ ~ゲームクリエイターが遭遇した会社経営の現実と対策~』
→書籍の購入はこちら(Amazon)


サイトウ・アキヒロ『ゲームニクスとは何か 日本発、世界基準のものづくり法則』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)