今や、多くの人にとって、LINEにFacebookにと、SNSは生活の一部。だって、便利ですから!
でも、便利じゃないところにある「小さな幸せ」を、京都の人は知っているのです。それが、手紙。
そういえば、京都のお店に入ると、綺麗な便せんや封筒がたくさんあります。京都の人は、特別なときに使うのでなく、日々使っているのですね。

*   *   *

「京都の人は、手紙のやり取りがマメなのです」

 一瞬で読めるLINEの、用件だけの儚さ。
 手紙が届いた時に開封するワクワク感。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定