毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.08.17

出版界騒然のミステリー『作家刑事毒島』
刊行記念 中山七里さん 美女と夜会開催!

出版界騒然のミステリー『作家刑事毒島』<br />刊行記念 中山七里さん 美女と夜会開催!

「このミステリーがすごい!」大賞から生まれた作家たちが語り尽くす夜

累計100万部突破の「さよならドビュッシー」シリーズをはじめ、弁護士や首相を扱った幅広い作風で注目を浴びるミステリー作家の中山七里さんの最新作『作家刑事毒島』の刊行記念トークイベントを、8月25日(木)の19:00から、三省堂書店池袋本店にて開催します。中山七里さん美女と夜会 その1と題して、ゲストには、『神の値段』で第14回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した一色さゆりさんをお迎えします。
 

今作『作家刑事毒島』は、小説家志望者、新人作家また、出版関係者にはかなり刺激の強い本格ミステリーです。主人公は、売り出し中のミステリー作家で名刑事でもある毒島真理。捜査一課の刑事・明日香は、殺人事件解決のアドバイスを仰ごうと、毒島の書斎を訪れます。捜査過程で浮かび上がってくるのは、巨匠病にかかった新人作家、手段を選ばずヒット作を連発する編集者、ストーカーまがいの熱狂的な読者。ついには毒島本人が容疑者に! ? 虫も殺さぬような温和な笑顔から繰り出される、性格の歪んだ皮肉と名解決ぶりに、あなたも毒島の虜になること間違いありません。


「このミステリーがすごい!」大賞からデビューした作家同士だからこそ話せる創作の裏側やミステリーの魅力に迫ります。

■イベント概要

『作家刑事毒島』刊行記念 中山七里さん 美女と夜会 その1
・開催日時: 8月25日(木)19:00~(開場18:45)
・場所: 三省堂書店池袋本店 書籍館4階 イベントスペース「Reading Together」
・参加方法: 別館地下1階Aゾーンレジにて、参加券を配布いたします
※対象書籍『作家刑事毒島』購入時
・参加券のご予約は、お電話でも承ります
受付電話番号は、03(6864)8900 (電話受付時間/10:00~22:00)です
参加券をご予約していただいたお客様は、イベント開始までに
別館地下1階Aゾーンレジにて対象書籍をご購入ください

■出演者プロフィール

中山七里(なかやま・しちり)
1961年岐阜県生まれ。『さよならドビュッシー』で第8回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、2010年にデビュー。他い『おやすみラフマニノフ』『いつまでもショパン』『どこかでベートーヴェン』『連続殺人鬼カエル男』(以下、宝島社)、『贖罪の奏鳴曲』『追憶の夜想曲』『恩讐の鎮魂曲』(以上、講談社)、『魔女は甦る』『ヒートアップ』(ともに幻冬舎)など著書多数。

一色さゆり(いっしき・さゆり)
1988年、京都府生まれ。東京藝術大学芸術学科卒業、香港中文大学大学院美術学部在学中。第14回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、『神の値段』(宝島社)でデビュー。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

中山七里『作家刑事毒島』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!