何グラフを使ったらよいか迷う

研修やセミナーをしていると、休憩時間に参加者の皆様から質問されることがあります。そんな質問の中でもっとも多いのが、実はこのテーマなのです。

「何グラフを使ったらよいか、いつも悩むんですよね」

なるほど。確かに会議資料やプレゼン資料などでグラフを使うことは多々あります。グラフのチョイスだけで、見栄えや伝わりやすさが変わるのは事実でしょう。
私がご提案する数学的コミュニケーション術。今回からはテーマを「グラフ」にしてお話をしていくことにします。
今さら聞けないキホンから、誰でも明日からできるちょっとしたテクニックまで、この連載でしっかり押さえておきましょう。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

深沢真太郎『そもそも「論理的に考える」って何から始めればいいの?』
→書籍の購入はこちら(Amazon)


深沢真太郎『数字アタマのつくりかた 』
→書籍の購入はこちら(Amazon)