毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.08.06

U-23日本代表 リオ五輪
VSナイジェリア

ヤシキ ケンジ

U-23日本代表 リオ五輪<br />VSナイジェリア

リオ五輪。VSナイジェリア。
4-5で敗戦。
うーん……。

 

 割と最近の本田圭佑のインタビューで、「外人なんかは、足が折れてもいいくらいの勢いで球際を競り合いにくる。そこにものすごい気持ちを込めて当たりにくる」と言っていたが、それが足りないと思わせる試合だった。
 そして、それがすべてだったといっても過言ではないような気もした。
 この前のEUROを見ていると、アイスランドやハンガリーなどのいわゆる欧州では弱いとされていたようなチームでも、球際はものすごい勢いで身体を張って防いだり、ガムシャラに相手よりもボールに入り込もうとファール覚悟で相手にぶつかっていた。
体格の大小を超えたところで「球際の強さ=気持ちの強さ」というのはあると思う。
 ナイジェリア戦の日本チームも、 もちろん気持ちはあったのかも知れないが、見られなかった。
 いままで散々やってきた「仮想ナイジェリア」の効果も何も見られなかった。
 というか、本物のナイジェリアは、今までの仮想国レベルと比べて明らかにレベルが高かった。
「相手の身体っていうのが予想以上というのもあって、対峙する相手がドリブラーというのは知っていましたけど、中に切り込むっていうのは全然わからなかったです」とDF藤春が試合後コメントを残していた。
 そもそも直前のブラジル戦を見たとき、トラップ、パスのスピード、正確さ、身体の強さ、ほとんどすべての局面において劣っているのが一目瞭然。
 あまりのレベルの違いに、「今回ちょっとこれは……メダルは無理だな……」と 痛感させられたものである。
 ほとんど何もさせてもらえなかった。
 相手のプレッシャーに慌ててミスして自滅というのが、強豪国と試合したときの一番顕著なパターンである。
 今回のナイジェリア戦ではノーガードの打ち合いに負けたのも、ミスして相手ボール、という場面だらけであった。
 ミスを減らすためには、上に挙げたあるゆる局面のレベルアップが必須である。


試合後のインタビューでおなじみの「課題が見つかったので修正して云々」と言っていたが、もう本番なんだから課題を見つけてる場合ではない。
本当に選手の試合後のインタビューには、なにかテンプレが用意されているのかと疑うほど、毎回同じことを言う。
そ してほとんどの課題は消化されるよりも細かく枝葉を増やすようにして積み重なっていくばかり。
ナイジェリアなんて課題や準備不足もいいところだが、それでも勝ってしまう。準備云々よりも結局は実力が一番大事だということを突き付けられてしまう結果となった。
ナイジェリアは、飛行機の手配ミスなどでここ数日練習もしていないらしく、試合当日に現地入り、試合前の国歌斉唱では、間違えてニジェールの国歌を流されたり、逆境を糧に強さを発揮したナイジェリアである。

試合前日になっても対戦相手のナイジェリアが現地に到着してないという異例の事態を受け、手倉森監督は「必ず現れてほしい。 ナイジェリアだけにナイと言われてもね」とお得意の駄洒落を飛ばしていたが、結果は「準備不足で日本有利と言われていたけど、そんなことナイジェリア」である。
虚しい駄洒落が切なくブラジルのマナウスにこだまする、第一節のナイジェリア戦だった。
 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
春の幻冬舎plus感謝祭
結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!