ベストセラー『感情的にならない本』など多数の著作がある、精神科医の和田秀樹さん。『男という名の絶望~病としての夫・父・息子~』が好評発売中のジャーナリスト・奥田祥子さん。「現代の男性の生きづらさは、もはや病(やまい)だ」という奥田さんの指摘を、和田さんは精神科医としてどう見るのでしょうか? そして、和田さんが見抜いた、そのような「病」を生みだす日本社会の、決定的に「おかしなところ」とは?


■「かくあるべし思考」から逃れられない悲劇

和田 『男という名の絶望』を拝読しました。前著『男性漂流』(講談社+α新書)もそうでしたが、奥田さんのご著書から精神科医として強く感じるのは、やはり「かくあるべし思考」には大きな問題があるということです。最近の精神医学では、これがきわめて心に良くない思考パターンだと考えられているんですね。

奥田 まさにその思考パターンにはまり込んでいる人が多いように感じます。

和田 いまは昔よりも男女が平等な社会になったといわれますが、実際には男性も女性も「かくあるべし」という性的役割を押しつけられやすいのが現実です。それが子供時代に親から刷り込まれていたりすると、時代が変わってもそこから逃れられない人がいるんですよ。
 男性の場合は、「自分が金を稼がないといけない」「家族を守らなければいけない」といった業(ごう)を背負わされてしまうことが多い。そういう「かくあるべし思考」の人たちが、この本に出てくるケースのような逆境に置かれれば、うつ病やアルコール依存症になるのも無理はありません。そういう男性の「病(やまい)性」を、奥田さんは見事に指摘されています。

奥田 ありがとうございます。何をもって「病」とするかは精神医療の世界でも難しい議論があるので、サブタイトルを「病としての夫・父・息子」とするのは、かなり覚悟のいることでした。でも、300人を超える男性を15~6年にわたって継続的に取材し、その生きづらさを見てきた私には、追いかければ追いかけるほど「これは病だな」と思えてくるんです。

和田 いまの社会で精神的に病んで絶望しているのは男性だけではありませんが、「男はつらいよ」ということを語ってくれる人は少ないですよね。その意味でも、重要なお仕事をされていると思います。この本の中には母親の介護を抱え込んで苦しむ男性の話も出てきますが、僕は老年精神医学を専門にしているので、男の介護と女の介護が違うことが実感としてもよくわかるんですよ。女性と比べると、男性は介護に思い切りのめり込むか、そこから逃避するか、どちらか極端になる人が多いんです。
 しかも現在は、息子による介護がすごい勢いで増えている。全体では女性による介護のほうが多いのですが、奥田さんもお書きになっているとおり、すでに「嫁介護」よりは「息子介護」のほうが多いのが実情です。

奥田 本でも紹介しましたが、身体の弱った母親の過剰な要求に応えることで自らの家庭崩壊の危機を招いた男性から、「嫁となら離婚もできる。でも、おふくろは一生つきまとうんです」という言葉も聞きました。

*次ページに続く

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

奥田祥子『男という名の絶望 病としての夫・父・息子』
→電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)