毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2016.07.28

子なし女性への「悪意なきハラスメント」

香山 リカ

子なし女性への「悪意なきハラスメント」

 「ノンママ」とは、いろいろな事情で、子どもを持たない人生を選択した女性のこと。この夏、「ノンママ」をテーマにした書籍と連続ドラマが誕生しました。
 書籍は香山リカさん著『ノンママという生き方~子のない女はダメですか?~』(幻冬舎)で好評発売中。ドラマは『ノンママ白書』。主演は鈴木保奈美さん、東海テレビ・フジテレビ系で、8月13日(土)スタートです(毎週土曜 夜11時40分予定)。

 働く女性が妊娠・出産・育児をきっかけに職場で嫌がらせされたり、妊娠・出産・育児を理由とした解雇や雇い止め、退職の強要など不当な扱いを受けるのが、マタニティ・ハラスメント=マタハラ。
 マタハラは最近になって、やっと社会問題として認知されるようになり、今年の3月には、企業にマタハラ防止措置を義務づける法改正が行われました。
 そしてワーキングマザーだけではありません。ノンママたちもさまざまなハラスメントに苦しんできました。ノンママに対するハラスメントの特徴は、「悪意のないハラスメント」が大部分を占めていることだと、香山リカさんは言います。

* * *

●ノンママたちは傷ついている

 “本当の理由”はどうであれ、子どものことはとりあえず考えずに、まずは仕事を、とがんばる女性。社会も親も教師たちも、ある時点までは、そんな彼女たちのがんばりを応援する。
 ところが、ある年齢に達すると、まわりの反応が変わってくる。

「本当に子どもがいなくて、いいわけ?」
「やっぱり女は、仕事よりも子どもよ」
「子どものいない老後は、いくら成功していてもむなしいよ」
「あなたのような人が増えるから、少子化が進むわけだよね」

 そして女性たちは傷つく。
 これがノンママ女性たちへのハラスメント、「ノンママ・ハラスメント」だ。
  
 現在、「いろいろな場面での『嫌がらせ、いじめ』」を「ハラスメント」と総称しているが、一般的には「他者に対する発言・行動などが本人の意図には関係なく、相手を不快にさせたり、尊厳を傷つけたり、不利益を与えたり、脅威を与えること」を指している。つまり、「嫌がらせしてやろう」という意図がなくても、場合によってはそれがハラスメントになることがあるのだ。

 以下で述べるような理由により、ノンママに対するハラスメントの中には、この「悪意なきハラスメント」が大きな部分を占めている。それは、「子どもを持つことはすばらしい」という価値観があまりにも世間に浸透していること、またノンママ自身もその価値観を否定はしていないので、たとえ相手の言葉で傷ついても「そんな言い方、やめてください」と言い返せないことが理由と考えられる。

 ここでは、そのように光があたりにくいままであったノンママ・ハラスメントを、あえて掘り起こして述べていきたい。

→次ページに続く

★がついた記事は無料会員限定

『ノンママという生き方~子のない女はダメですか?~』香山リカ

書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!