いろんな意味ですごい本が出ました

ゴーマニズム宣言外伝 女について』は、「前夜」「わしズム」の連載当初から、羨望と反感を巻き起こしていた話題作。このたび電子書籍の形で1冊にまとまり、世の荒波の(予想される)中、堂々船出をいたしました。
 


実力と魅力あふれる男には、
妻がいても
女のほうから寄ってくる。
その女が、自分の趣味か、
趣味じゃないかはとして…。
出会いから食事、SEXに至るまで、その最中、したあと、唐突すぎる別れまで、男女のリアルがわかりすぎておかしい、よしりんの恋愛漫画レポート。

「断っておくが、わしは妻がいることを隠したりはしない。それでも付き合ってくれる若い女性はいるのだ」。
――というわけで、出演する女性たちを少しだけご紹介します。
 

 

絵里の場合

「抱いてくれない先生より、抱いてくれる先生の方が好きだよ」。

28歳美大卒OL。六本木のクラブでアルバイト歴あり。「女」を武器にするのが得意。

 

 


美玖の場合

「私、全然モテないんです。まともに付き合ったことないんです」。

チャーミングな顔、明るい性格、巨乳だが小太り。28歳未経験。


 

玲奈の場合

「だめっ。やっぱり先生は危険!ごめんなさい。帰らせて!」。

30代前半、管楽器奏者。京都で出会った聡明な美人。歯の健康を気にする。


 

番外 木嶋佳苗の場合

 3人の男性を結婚詐欺で騙し、練炭自殺に見せかけて殺害した女。

「なんでこんなブスが!」という正直な思いから、その手練手管を考察。

 

木嶋佳苗は別枠として、絵里、美玖、玲奈とは今後どうなってゆくのか。体を張った(?)渾身のレポートに乞うご期待。

 

※ Amazon(Kindle)、楽天(Kobo)、Apple(iBooks)、幻冬舎plus ほか各電子書店にてお求めください。
※ 書店によって、販売価格が異なる場合があります。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

→“幻冬舎plus+”全作品リストはこちら