毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2016.07.28

「ダブルスタンダードな人たち」第2回

『源氏物語』『それから』……。不倫が描かれてきた日本文学を、我々は誇りに思っている

岩波 明

『源氏物語』『それから』……。不倫が描かれてきた日本文学を、我々は誇りに思っている

ベッキー不倫騒動に始まり、バッシングの過熱が目立った2016年前半。
だが、ある雑誌の調べによると、4割もの女性が不倫経験を持つという。
さらには、『源氏物語』から夏目漱石まで、不倫を描いた日本文学も多く、我々はそうした作品を誇りに思っている。
その日本人が、なぜ、このような過剰なバッシングをするのか?
幻冬舎新書『他人を非難してばかりいる人たち バッシング・いじめ・ネット私刑』の著者、精神科医・岩波明氏による、日本人論。

*   *   *

 今年になり、ベッキーだけでなく、自身の不倫問題について何人ものタレントや著明人が激しく糾弾されたことは記憶に新しい。だが、“バッシングをしている側”は、品行方正なのだろうか。
 この点について、ダブルスタンダードは、政治家だけではない。一般の人も、同様である。次に示すのは、「週刊ポスト2014年9月19・26日号」の記事である。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

岩波明『他人を非難してばかりいる人たち』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!