舛添前知事批判、ベッキー不倫騒動など、日本人のバッシングの過剰さに疑問を呈してきた精神科医・岩波明氏(幻冬舎新書『他人を非難してばかりいる人たち バッシング・いじめ・ネット私刑』絶賛発売中)。
我々は、マスコミが騒ぎ立てると、突然「許せない!」と拳を上げ始めます。しかし、批判側にいる日本人は、はたして「品行方正」と言えるのか? そもそも、それまでは”目をつぶって”きていたのではないか?
今回は、日本人の「二枚舌」ぶりを、明らかにします。

*    *   *

 これまでこの連載において、舛添前都知事に対するバッシングとベッキーの不倫騒動について論じてきたが、これらに関連したテーマについて、もう少し話してみたい。というのは、日本人、あるいは日本社会の“ダブルスタンダード的な体質”がよく表れているからである。
 これまで述べたように、現実にはまったくの個人的な問題であるにもかかわらず、他人の「不品行」を許せないと考えている人は、一定程度、存在している。このタイプの人は増加傾向にあるように見えるが、その背景には、最近しきりに社会的なコンプライアンスが求められている点が関係しているように感じられる。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plus 4周年キャンペーン中。豪華賞品が総計100名様に当たる
幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

岩波明『他人を非難してばかりいる人たち』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)