毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.07.28

第4回

スーパー銭湯があれば戦える

pha

スーパー銭湯があれば戦える

 旅行中に見かけるとほぼ必ず立ち寄る場所としてスーパー銭湯がある。
「そんなに風呂が好きなのか」というと、まあ好きは好きなんだけど、好きだから行くというよりは、「旅先では寝転んで休める場所が他にないので、見つけたらとりあえず立ち寄って体力を回復しておく」という、消去法的な理由というか、ゲームでいうところのセーブポイント的な用途によるところが大きい。
 基本的に僕は肉体的にも精神的にも疲れやすくて、何かというとすぐに家に帰りたくなる体質だ。
 人の大勢いる騒がしい場所に長時間滞在すると神経がだんだんささくれ立ってきて、そのまま放っておくと最終的には精神が山芋のように摺りおろされてドロドロになってまともに物が考えられなくなり、回復するためには暗い場所で毛布をかぶってアーウーアーなどとよく分からない唸り声を発しながらしばらくの間閉じこもることなどが必要になる。
 普段の生活でもそんな感じなのだけど、旅行中は長時間バスや電車に乗ったり重い荷物を背負って歩き回ったりするので余計消耗が早くなるのだ。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

seichi652016.8.6

早く続きが読みたい。 私もサウナは苦手です。 でも一応少し入ります。

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!