「相関関係」ってなんだ?

前回に続き、エクセルを使った定量化のお話をしましょう。誰でもできて、かつ相手に「なるほど」と言わせる数字がサクッとつくれる技術をご紹介します。
ただ、その前にここで「相関関係」という言葉だけ定義をさせてください。

正の相関関係:片方が増えれば増えるほど、もう片方も増える関係
負の相関関係:片方が増えれば増えるほど、もう片方は減る関係

抽象的なのでシンプルな例を挙げましょう。
一般的には、紫外線の量が増えれば増えるほど、「日焼け止め」や「日傘」の売上は増えるでしょう。また、気温が高くなればなるほど、ホットコーヒーの売上はおそらく減るでしょう。
前者を正の相関関係があると言い、後者を負の相関関係があると言います。

準備が整いました。それではさっそくですがこのようなケースを考えてみましょう。考え方と使い方をお伝えすることが目的なので、誰でもイメージできるシンプルな例にしましょう。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

深沢真太郎『そもそも「論理的に考える」って何から始めればいいの?』
→書籍の購入はこちら(Amazon)


深沢真太郎『数字アタマのつくりかた 』
→書籍の購入はこちら(Amazon)