毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.07.26

旅作家が本気で選ぶ!
【絶対に見逃せない】忘れられない世界の名建築5選

小林 希

旅作家が本気で選ぶ!<br />【絶対に見逃せない】忘れられない世界の名建築5選

世界を旅する小林希さん。著書『泣きたくなる旅の日は、世界が美しい』もロングセラーに。
今回は一度は見てみたい世界の建築5選。その建築が何倍も素敵に見える最高のアングルから撮った写真とともにご紹介します。


No.1 カサ・バトリョ(スペイン)

 ガウディの手がけたスペインはバルセロナのカサ・バトリョ。水中にいるイメージでつくられた青いグラデーションのタイルが印象的です。ガラス越しに覗くと、そこはまさに海の中のよう。彼のあしらうキッチュなデザインに出会いながら、水中トリップするような旅ができます。


No.2 サン・ピエール教会(フランス)

南フランスのフェルミニにあるサン・ピエール教会はフランスの近代建築の巨匠ル・コルビュジェが手がけた宇宙を感じる教会です。太陽の動きとともに内部に差し込む光の曲芸を堪能できます。没後41年経って完成されたのですが、コルビュジェの愛した自然を肌で感じることができるのです。

 

No.3 イビラプエラ講堂(ブラジル)

さんさんと照りつける太陽と煌めく海、緑深い美しい山をもつリオデジャネイロ出身の建築家オスカー・ニーマイヤーが手がけた建築は、遊び心たっぷりのデザインと、彼が愛した女性らしい曲線のフォルムを自在に操っています。さまざまなニーマイヤー建築をブラジルでめぐりましたが、サンパウロのイビラプエラ講堂は、入り口で目に入る空の青と赤いデザイン、白い外壁のコントラストに目を奪われ、ワクワクした記憶があります。


No.4 カン・ネグラ(スペイン)

スペインの建築といえばガウディが有名ですが、ガウディを支え、実際的にデザインを担当していた建築家ジョゼップ・マリア・ジュジョールの手がけた建築カン・ネグラが素朴で心地よく、とても印象に残っています。ジュジュールはガウディのよき理解者で、また身近な素材、壊れたモノ、不要とされる廃棄物を建築に有効活用しようと努力し、実際の色彩感覚はガウディよりも優れていたらしいです。という話は、サン・ジョアン・デスピにあるこのカン・ネグラにいた係員が教えてくれました。


No.5 フンデルトヴァッサー・ハウス(オーストリア)

 オーストリアの芸術家フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサーがデザインしたフンデルトヴァッサー・ハウスはウィーンの格式高い建築の街並の中で急に現れる異端児のような建物。自然の中に直線はないという考えのもと、手がけた建築には直線を使わず柔らかな丸みを作っていったのだとか。当然周囲の反対もあったと聞くけれど、できあがった現在、そのやわらかな丸みと色彩を感じる建築は、重厚で単調な建築群の街並に存在する、自然豊かなオアシスのようにも見えます。

 

・・・

好評発売中!
『泣きたくなる旅の日は、世界が美しい』 

仕事を辞めて日本を飛び出し5年。世界50カ国を旅し、数々の人間ドラマを目の当たりにしてきた小林さん。色々な国の人達との些細な、でも忘れられない出会いのストーリー22編を掲載しています。小林さんと一緒に笑ったり泣いたりしながら、「この世界もなかなか捨てたもんじゃないな」「人と人との関わりって、温かいんだな」と思える一冊です。旅の一瞬を切り取った美しい写真もオールカラーで掲載しています。

 

 

 

《目次》
・サムライ好きな切腹上等のキューバのおじさんの教え
・恋愛事情の厳しいチュニジアでムスリム女子とガールズトーク
・亡き妻の保険金でフランスを旅する夫
・失踪した息子を探すために寄付金をスリランカで募る父親
・停電や地震があってもハイチで暮らし続ける日本人女性  ほか

2016年3月17日発売、定価(1200円+税)
→書籍の購入はこちら(Amazon)
→試し読み・電子書籍はこちら

 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
春の幻冬舎plus感謝祭
結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!