二日続けて作務衣の人に会うことになるとは。昨日は新聞社の方の会合で、同席したカメラマンの丸田祥三さんという廃電車のかっこいい写真を撮られる方が三年くらい毎日作務衣を着てるそうで冠婚葬祭も着用。カメラマンは地面に腹這いになることがあり作務衣なら汚れても違和感ないとのこと。その丸田さんは写真界ではなぜか存在を抹消されてて、業界誌には取り上げられないし業界の重鎮に名刺を渡そうとしても無視されたり、大変みたいで、前世に何かあったんじゃないですか? ということくらいしかお話しできませんでした。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

【電子オリジナル書籍】辛酸なめ子『次元上昇日記 ベストセレクション50』
辛酸なめ子『辛酸なめ子の現代社会学』
辛酸なめ子『次元上昇日記』