夫婦2組とアラサー5人でシェアハウスを始めた私たち。もともと皆それぞれの場所でシェアハウスをしていた人ばかりだったので荷物は少ないものの、それでも9人分の引越しというのは大変で、お皿1つ買うにしても9組買わないといけなかったり、靴箱に9人分の靴を収納しないといけなかったり、最初の一週間はバタバタとあっという間に過ぎた。

入居から10日ほど経ち、いつも通り帰宅したら、リビングに見知らぬ青年が居た。


シェアハウスでは、住人が友人を呼んでいることも少なくないので、知らない人がリビングにいるのも珍しいことではない。誰かの友達かな? と思い「こんにちはー」と軽く挨拶してみると、青年がハキハキ話しはじめた。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plus 4周年キャンペーン中。豪華賞品が総計100名様に当たる
幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定