霊界はどうなっているのか考えていたら、霊界に行った夢を見ました。窓から抜け出ると、緑の草原が広がっていて、山や森の上空を飛び回り爽快感。でも心に恐怖が生まれた瞬間、場面が変わってどこか球場の売店みたいなところにいました。そこで飲み物を注文しましたが、相手の制服とか顔とか、要素がばらばらになっていて、店員さんということはわかるのですが、顔まではわからないのです。絵でいうとピカソとゴッホとムンクを足して割ったようで、うねり、不定形にゆれうごく人間像。これが物質界から見た霊界、そして霊界から見た物質界なのかもしれないと思いました。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

【電子オリジナル書籍】辛酸なめ子『次元上昇日記 ベストセレクション50』
辛酸なめ子『辛酸なめ子の現代社会学』
辛酸なめ子『次元上昇日記』