気持ちで勝つ赤ヘル軍団

 広島カープが2位に大差をつけてペナントレースの前半戦を終わった。昨年、イケイケで首位ターンした中畑DeNAを思い出す勢いである。しかし広島の元気は、DeNAと意味合いが違う。

 よく東京ドームに行く知人から面白い話を聞いた。巨人―広島戦の三塁側内野席には、おそろいの赤いユニフォームを着た女子グループが多い。ある日、リーダー格のカープ女子が、1回の守備についたカープナインに檄を飛ばした。
 「お前ら、給料安いんだろう?悔しくないか?高給取りばっかりの巨人になんか、負けるなよ!」
 普段はオフィスでしおらしく働いているであろう女子達は、カープの赤いユニホームを見ると人が変わるのだろう。私はこの話を聞いて、「ファンは分かってるなー。ありがたいなー」と思った。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plus 4周年キャンペーン中。豪華賞品が総計100名様に当たる
幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

広岡達朗『巨人への遺言 プロ野球 生き残りの道』
→電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)


電子書籍のみ!
読みどころ9章を抜粋した、ダイジェスト版を100円で発売中
→購入はこちら


生原伸久『東京オリンピック野球復活・陰の立役者 アイク生原の知られざる生涯』
→試し読み・電子書籍の購入はこちら(幻冬舎plus)
→電子書籍の購入はこちら(Amazon)

2020年の東京オリンピックで、3大会ぶりに野球が追加種目として復活する。
野球が初めて国同士の対戦として五輪種目に採用されたのは1984年、ロサンゼルス大会のことである。
その2年前、ロス五輪での野球競技実現に情熱を燃やした一人の男がいた。
27歳で単身渡米、大リーグ・ドジャースの雑用係からオーナー補佐に登りつめた日本人、“IKE”とはいったい何者だったのか? 55年間の人生すべてを野球に捧げた、その知られざる生涯に迫る。