毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.07.16

「ベッキーの誤算」第4回

ベッキーの誤算は、日本人が「ありのまま」を受け入れれず、時々「道徳家」に変貌すると、理解していなかったこと。

岩波 明

ベッキーの誤算は、日本人が「ありのまま」を受け入れれず、時々「道徳家」に変貌すると、理解していなかったこと。

幻冬舎新書『他人を非難してばかりいる人たち バッシング・いじめ・ネット私刑』が評判の精神科医・岩波明氏が、とどまるところを知らない日本人の不寛容性にメスを入れます!
ベッキーの不倫は激しくバッシングされたが、ドラマや映画や小説でも、不倫は”特別なテーマ”ではないし、逆にそれらを好んで見る人も多い
。現実でも、自分の不倫を普通に暴露する人は多いはずだ。にもかかわらず、テレビの人気者が対象となると、一気に厳しいバッシングに晒される。
フランスの恋多き大統領のことを、フランス国民は、日本人のようには騒がない。日本人は、自分たちが「起こってほしくないこと」が起きた場合、それを、「ありのまま」で受け入れることができないのだ。

*   *   * 

 かつて、「道ならぬ恋」には、刺激的で甘美であるとともに、後ろ暗いイメージがつきまとっていた。昭和54年にテレビドラマ化された向田邦子氏による『阿修羅のごとく』(文春文庫)には、そうした心情がよく描かれている。この作品は四人姉妹の恋愛模様が主なテーマであるが、年老いた父親の「不倫の恋」をめぐる物語が、ストーリーの大きな軸となっている。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

岩波明『他人を非難してばかりいる人たち』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした
  • 激動の戦後政治を牽引した田中角栄の、生き様
  • 全五巻構想、大河小説第一弾!!
心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!