毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.07.15

「ベッキーの誤算」第3回

どこにでもある不倫話を大袈裟に「罪人化」。なぜ、マスコミとネット住民は、ベッキーに対して不寛容で浅ましい?

岩波 明

どこにでもある不倫話を大袈裟に「罪人化」。なぜ、マスコミとネット住民は、ベッキーに対して不寛容で浅ましい?

幻冬舎新書『他人を非難してばかりいる人たち バッシング・いじめ・ネット私刑』が評判の精神科医・岩波明氏が、とどまるところを知らない日本人の不寛容性にメスを入れます!
「本当に”恋”をしていたのなら、チマチマと意味のない謝罪などしないで、二人で逃避行でも決行して欲しかった」と語る岩波氏。
今回の件は、国民総出でベッキーをバッシングしているかのように見えるが、実際は、岩波氏に同意する人も多かったのではないか?
今回の件は、ネット住民ではなくマスコミが”国民の総意”として決めつけてしまった感が強い。ベッキーは、あそこまで「罪人化」される必要はあったのだろうか?

*   *   *

 ベッキーの不倫騒動は、30代に入った女性が妻子持ちの男に結婚を意識して恋をするという、ありふれた、どこででも起こりうる話である。この問題は個人間のトラブルであり、本来は無関係の他人やマスコミから批判され、人格否定までされるような案件ではない。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

岩波明『他人を非難してばかりいる人たち』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!