幻冬舎新書『他人を非難してばかりいる人たち バッシング・いじめ・ネット私刑』が評判の精神科医・岩波明氏が、とどまるところを知らない日本人の不寛容性にメスを入れます!
「本当に”恋”をしていたのなら、チマチマと意味のない謝罪などしないで、二人で逃避行でも決行して欲しかった」と語る岩波氏。
今回の件は、国民総出でベッキーをバッシングしているかのように見えるが、実際は、岩波氏に同意する人も多かったのではないか?
今回の件は、ネット住民ではなくマスコミが”国民の総意”として決めつけてしまった感が強い。ベッキーは、あそこまで「罪人化」される必要はあったのだろうか?

*   *   *

 ベッキーの不倫騒動は、30代に入った女性が妻子持ちの男に結婚を意識して恋をするという、ありふれた、どこででも起こりうる話である。この問題は個人間のトラブルであり、本来は無関係の他人やマスコミから批判され、人格否定までされるような案件ではない。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

岩波明『他人を非難してばかりいる人たち』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)